【米津玄師】トイパトリオットの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

トイパトリオットの曲にまつわる情報

トイパトリオットは米津玄師さんの1stアルバム「diorama」に収録されている楽曲で、かなり可愛い世界観の曲の中に米津さんの持つ「人への愛情表現」が色濃く出ている楽曲です。

パトリオット=愛国主義者という意味の英語ですが、この相手への愛情と愛国主義を重ね合わせて歌詞を書いているのかなとこの時点でもう推測できますね。

diorama [ 米津玄師 ]

トイパトリオットのギターコード

ギターコードですが、そこまで難しくありません!

演奏に関してですが、アルペジオだと少し寂しくなってしまうので、コードストロークで基本的に演奏するとベターかなと思います。Bメロがこの曲は無いので、その辺りも気にしながら弾き方を都度アレンジするといいのかなと。

そんなトイパトリオットのギターコードはこちらです!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88

トイパトリオットのPV

トイパトリオットは公式PVがないので、こちらの弾き語り動画をアップします!

先ほどのギターコードの解説にも書きましたが、イントロのギターはやはりかなり練習がしないとマスターできなさそうですよね…(笑)

こちらの動画ではかなり簡略化したイントロになっていますが、ぜひ公式スコアのものイントロ弾きにもチャレンジしてみてくださいね!

トイパトリオットのインタビュー記事

トイパトリオットのインタビュー記事ですが、トイパトリオットは1stアルバムの中でもPVもなくマイナーなアルバム曲なので、インタビュー記事はなかなか見つかりませんでした。。

なので、ここではdioramaのインタビュー記事をアップしておきます!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi

・TOWER RECORDS ONLINE

http://tower.jp/article/interview/2012/05/05/TOWER342-2

 

トイパトリオットの歌詞の意味を解釈・考察

トイパトリオットですが、トイは英語のtoyで”おもちゃ”、パトリオットは冒頭でも記載したように”愛国主義者”という意味の英単語になります。

果たしてこの2つの英単語がどのような理由・背景から組み合わさってトイパトリオットというタイトルになったのかに注目しながら歌詞を解釈していきましょう!

トイパトリオット_1番Aメロ歌詞の意味・解釈>

僕は君の友達

君の愛を守るパトリオット

ずっと遠くの斜陽から

君の姿を見つけたよ

もしも君の心を

傷つけるものがあるなら

僕の灼けた体で

それをすぐ殺してしまおう

(出典: トイパトリオット 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

最初からなかなか難しいですね。「遠くの斜陽から君を見つけた」という風景描写から察するに、主人公と君は実は距離があって主人公がこっそりと君のことを見つめているという、一見すると半分ストーカーまがいな感じの設定になっています。

その上、僕は君の友達と冒頭に言っているあたり、主人公の君に対する一方的な愛情表現的なものを感じますね

そして後半部分では、君が悲しい思いをしたりする人やものがあるならば、それを殺してしまおうと歌っています。

灼けた体、というのは「愛国主義者」という意味のパトリオットから連想するに「イスラム教徒の自爆テロ」に近いニュアンスを持った歌詞なのではないかなと個人的には感じています。

自分の体を犠牲にしてでも、君=神とした場合に、その神のために死ぬのであれば本望である(=イスラム教でいうジハード(聖戦))のようなスタンスが滲み出た歌詞なのかなぁと…。

トイパトリオット_1番サビ歌詞の意味・解釈

遊びに行こうよ 急いで行こう

君が大人になるそれまでに

この落書きみたいな毎日が

年老いたその時も変わらずに

褪せた色に続いていけばいい

(出典: トイパトリオット 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「君が大人になる前に」というところから、君はまだ子どもだということが分かります。

大人になる前に遊ばないと間に合わないから急いでね、というのは子どもの時の君のままでないと主人公にとって都合が悪いと解釈できるので、それについて「どのような理由で都合が悪いのか」を考えていかなければなりません。

あくまで想像ですが、主人公はかなり醜い姿をしていて、相手が常識や偏見を身につける前の子どもだからこそ今は相手をしてもらえると仮定すると、物語は一応辻褄が合った状態で理解することができます。

落書きみたいな毎日は「子ども時代」を表す比喩で、続く「褪せた色」というのがその落書きの色が褪せていく意味合いといったところでしょうか。

子どもの時代から年老いた時代までの時間軸の中で、「君」が成長してしまうことを悲しく思っている様が描かれています。

パトリオットがトイである理由は、おそらく君がまだ子どもだからということなのでしょう。ただの愛国主義者でなく、子ども時代の相手のパトリオットであるということを婉曲的に表現していることが想像できます。

トイパトリオット_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

僕は君の友達

君と声を繋ぐパトリオット

息を吹いて陰るパチオから

君の寂しい声を聞く

ずっと傷つけてきた

それしか出来ないパトリオット

溺れそうに伸びるポプラと

君の哀しい歌が鳴る

ラララ

(出典: トイパトリオット 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

2番の歌詞はどちらかというと悲しい場面が描かれていますね。パチオとは中庭のことを指す英単語(=patio)で、ここでは主人公が中庭で泣いている様子が歌われています。

ここで注目すべきは「パトリオットがずっと傷つけてきた」という歌詞です。君を守るためにいるはずの主人公が急にずっと傷つけてきたと言い出すのですから、これには意味があると推測できます。

おそらく、主人公が君を泣かすものを殺してしまったけれど、その殺してしまったものが君にとってとても大切なものであったというストーリーなのではないかなと思われます。トイパトリオット、せっかく君のためを想っての行動だったのに裏目に出てしまいましたね。。

風景描写としての”溺れるように伸びるポプラ”という表現がさらに哀しさを際立たせます。

トイパトリオット_2番サビ歌詞の意味・解釈

日向に見るよ 青い経路

冷たい思い出に変わるまでに

あの疾んだ芥子みたいな毎日を

永劫君は知らずにいて欲しい

褪せた色に続いていけばいい

(出典: トイパトリオット 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

青い経路は、文字どおり青い道。川のことを指しているのかもしれません、冷たい思い出になるというのは冷たい水に触れるという意味合いのことだと思われます。冷たい思い出はこれより下の歌詞のことを指しているのでしょう。

漢字が難しいので先に解説しておくと、疾んだは「やんだ」、芥子は植物の「けし」のこと。

芥子は赤い花なので、「血まみれ」のような物騒さを表す比喩なのではないかなと思われます。きっと、先ほどの歌詞で見たようにたくさんの“君に対して害であるもの”をトイパトリオットは殺してきたのでしょう。それは確かに君はずっと知らないままでいいですよね。

この歌詞の解釈の仕方でいくと、どうやら「褪せた色」の捉え方を「現実から離れたフィクション・理想の世界」と捉えるのがいいかもしれません。というのも、鮮やかな色である「青い経路」「赤い芥子」のような鮮やかな色とは逆の表現が「褪せた色」で、その鮮やかな色は先ほど解釈したように「何かを殺した後の血の色」のような現実の生々しさ・残酷さを表すものだと推測できるからです。

さぁ、しきりにトイパトリオットが幼い君を必要以上に守ろうとしたりしている理由がなんとなく見えてきました。

トイパトリオット_Bメロ歌詞の意味・解釈

知っているのさ いつか君が

僕のことを忘れることを

それでいいさ 僕は君を守るため

傷をつけるパトリオットさ

(出典: トイパトリオット 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

この曲はAメロとサビで基本的に構成されているので、ここでやっとBメロが出てきます。

このBメロ、まさにこの曲で言いたいことが全部出ていますね。幼い君が大きくなった時に自分を守ってくれたトイパトリオットの存在を忘れてしまうことを、トイパトリオットは分かっていて、それはそれで構わないと言っています。

あくまで君を守るために外敵に傷をつけていくボディーガードのような存在なのだという、なんとも悲しい話ですね。トイパトリオットの想いと反して主人公が大きくなっていくのが切な過ぎます。。

トイパトリオット_ラストサビ歌詞の意味・解釈

遊びに行こうよ 急いで行こう

君が大人になるそれまでに

この落書きみたいな毎日が

年老いたその時も変わらずに

褪せた色に続いていけばいい

恐ろしい夜も下らない朝も

すべて粉々に砕け散れば

あの羊水が涸れた砂漠の中

君はほら 誰かと歩いていく

鮮やかな色で満ち足りた道

(出典: トイパトリオット 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半部分は1番サビの歌詞と全く同じなので解釈は省略します。

「恐ろしい夜も下らない朝も」は、”子どもが夜にお化けが出て怖い”とか”起きられない・おねしょをしてしまう”というような下らなさを暗喩しているように解釈することができます。

そして、それらが全て粉砕するということは、君が大人になったということを婉曲的に表現しているのでしょう。羊水が涸れるというのも、羊水はお母さんの子宮の中の赤ちゃんを守るための水のことなので、これが涸れたということは子どもが成長したという意味合いと捉えてもいい証拠といえるのではないでしょうか。

そして、最後の締めは2番の歌詞で考察した通り、「現実(=鮮やかな色)を知った大人」だからこそパートナーの恋人と一緒にその鮮やかな道を歩いているというように見ることができます。

トイパトリオット_アウトロ歌詞の意味・解釈

僕がいなくなるとき

君の心に傷がつくよう

そう願ってしまう脆弱を

ひとつだけ許して欲しい

僕はパトリオットさ

(出典: トイパトリオット 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

君の心に傷がつくというのは、爪痕を残すというような表現に近いのかもしれません。「トイパトリオットが君のことを小さい時に守っていたんだよ」って本当は伝えたいけど、伝えるのも大人気ないなと感じているもどかしさを”脆弱”と表しています

本当のことを言いたいけど言えない、、トイパトリオットが切な過ぎますね。

まとめ| トイパトリオットの歌詞の意味を解釈・考察

トイパトリオットの歌詞解釈をしてみましたがいかがだったでしょうか?

トイパトリオットの存在は、もしかしたら過保護な親のことかもしれないし、豪邸に住むような子どもの世話をする執事のような存在なのかもしれません。

このような切ない物語をこれだけ楽しそうなメロディの中で展開するからこそ、余計にもの哀しさが際立つということを米津さんはよく熟知されていますよね。

このトイパトリオットの今後が気になりますが、それは聴き手の想像に委ねられているのでしょう。

 

↓こちらの記事も読まれています!↓

【米津玄師の想いが隠された】ゴーゴー幽霊船の歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】ディスコバルーンの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!

 


diorama [ 米津玄師 ]