【米津玄師】旅人電燈の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

旅人電燈の曲にまつわる情報

旅人電燈は、米津玄師さんのシングル「アンビリーバーズ」の2曲目に収録されているカップリング曲です。


アンビリーバーズ [ 米津玄師 ]

この旅人電燈ですが、イントロのギターアルペジオや、サビのメロディ・歌い方などがかなりBUMP OF CHICKENっぽいなと個人的には感じています。

米津さんがバンプにかなり影響を受けていることは周知の事実ですが、こっそりカップリングやアルバム曲でこういった似たような楽曲を盛り込むあたりに、米津さんのバンプへの愛をどことなく感じますね。(本人はそんな気ないのかもしれませんが笑)

旅人電燈のPV

公式PVはカップリング曲なのでありません。 なのでこちらの旅人電燈を叩いてみた動画をアップしておきます。

アイネクライネのように絵のPVでこの歌詞のストーリーを見てみたいですね〜。

旅人電燈のギターコード

曲のコードはこちらです!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E6%97%85%E4%BA%BA%E9%9B%BB%E7%87%88

コード譜なので、弾き語り形式であればこれでバッチリですね。

旅人電燈はミドルチューンなので、ストローク強目でガシガシやるよりもアルペジオで弾きながらAメロを過ごして、サビやCメロに入ったタイミングでストロークに切り替えると雰囲気が出るのではないかなと思います。

旅人電燈のインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!

カップリング曲なので、シングル曲インタビューのおまけとして旅人電燈はちょこちょこ記事に載っていますね。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi06

・EMTG MUSIC

http://music.emtg.jp/special/2015080622469783e

・rockin’on.com

https://rockinon.com/news/detail/130288

旅人電燈の歌詞の意味を解釈・考察

旅人電燈は、タイトルからして「旅人を照らす電燈」であることが推測できます。もう歌詞の初めから、僕は古い電燈と言っているのでそのことは明らかですね(笑)

では、この旅人電燈がどのようなストーリーで、何をリスナーに伝えようとしているのかを解釈していきます。

この曲は先ほどのインタビュー記事の米津さんの言葉を参考に解釈を進めていきますので、事前にチェックしておくと理解が早いかもしれません!

旅人電燈_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

ぼくは古い電燈 砂漠の真ん中でひとり

空に穴が開いて あかりが漏れる夜

凍えた砂の上 墓標の立ち並ぶ場所で

息を吸い込んだ 肺いっぱい吸い込んだ

(出典: 旅人電燈 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

主人公は砂漠の真ん中に佇む古い電燈です。

「空に穴が開いて」、という歌詞は曇り空に少し穴が開いてそこから月の明かりが漏れだしている夜の情景描写をしているように感じられます。

そして、続く歌詞には「墓標の立ち並ぶ場所」とあります。これから察するに、今までこの砂漠では何人もの人が亡くなったようです。

そんな険しい砂漠を通りやすくするように、旅人のために懸命に照らそうとする電燈が主人公である旅人電燈と言えるのでは?と推察します。

米津さん好きならわかると思いますが、”砂漠”と”墓標”というワードを聞くと「ナンバーナイン」「砂の惑星」も連想できますね。

まだまだ曲を通してどんな話かが分からないので、さらに解釈を進めていきます。

旅人電燈_1番サビ歌詞の意味・解釈

「誰か 誰か ぼくを 探して おくれ

寂しい 夜を ひとつ 切り取って おくれ

遠く 遠く 地の果て まで 届く ように

ぼくは 照らして いるから いつでも」

(出典: 旅人電燈 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「おくれ〜」や「いつ〜でも〜の」歌い方がすごくバンプの藤くんっぽい感じがしてなりませんが気のせいでしょうか?

歌詞としては、どうやら自分のことを探してくれる存在を見つけ出すために、旅人電燈は自分から光り輝いてサインを送っているようです。

他人のために光を届けている伝統かと思いきや、実は主人公である旅人電燈のために利己的に光っていたという逆の展開でした。

これは米津さんのインタビューの記事にあるように、夜中の3〜4時の街中の電燈の気持ちや存在意義を考えた時に出てきた解釈と表現だそうです。

この時間にランニングをしている米津さんも米津さんですが(笑)、電燈の気持ちを考えたりする発想はいったいどこから来るのでしょうか…?

旅人電燈_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

ぼくは古い電燈 埃に塗れてはひとり

枯れた井戸の縁に 見知らぬ首飾り

いつのまにかここは 都市から砂漠へと変わり

あんなに賑わった 遠い過去も幻

(出典: 旅人電燈 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番Aメロ同様に、旅人電燈は砂漠の中で再度1人で埃に塗れて立っているようです。

砂漠の中にある井戸の縁には首飾りがかかっているようで、もしかしたらかつてここに来てくれた人が残していったのか、はたまた井戸に転落した人の遺物なのか…。

歌詞後半の「いつのまにか〜」以降の歌詞も、どこかナンバーナインの歌詞解釈に通じているような気がしますね。かつて栄えていたものが今は退廃しているという表現は、どこかノスタルジックさを感じさせます。

「砂漠は、街を自分から見た時に死んだような街のようだなと感じた風景の比喩だ」という米津さんのインタビューの記事の言葉を見る限り、相当この旅人電燈に米津さんは自分を重ねているようです。

旅人電燈_2番サビ歌詞の意味・解釈

「誰か 誰か ぼくを 見つけて おくれ

青い 青い 海へ 連れてって おくれ

甘い 匂いを 振り払い 続ける ため

ぼくは 灯って いるから いつでも」

(出典: 旅人電燈 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

旅人電燈は自分を海へ連れて行って欲しいと歌っています。米津さんは豊洲付近に住んでいたとインタビューで話していたことがあるので、その関係でが出てきているのでしょうか?

続く歌詞の「甘い匂いを振り払い続ける」という表現は、一見するとよく分からないですね…。あくまで推測ですが、甘い匂いというのは何かの誘惑を意味しているのではないかな?と思います。

米津さんの過去を鑑みると、自分の価値観とは合わないような世間一般の価値観に自分を合わせれば楽だが、それだと自分という存在が死んでしまうのでそれを振り払おうとしてるという「旅人電燈と米津玄師の重なり」を表現しているように感じます。

旅人電燈_Bメロ歌詞の意味・解釈

見つめてるよ ぼくは今も 地球の上で光る星だ

誰も ぼくを 知らなくとも まだ見ぬあなたのために光る

見つめてるよ ぼくは今も 闇の中生きる電燈だ

消せない 傷も 消えないまま 灯りは旅立ち歌を歌う

見つめてるよ ぼくは今も 地球の上で光る星だ

誰も ぼくを 知らなくとも まだ見ぬあなたのために光る

あなたに会いたいな

(出典: 旅人電燈 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

旅人電燈は自分のことを「地球の上で光る星だ」と比喩しています。

一体何のために光り続けているのかはまだ分からなくても、きっとこれから見つけてくれる誰かのために光っていると歌詞には書かれていますね。

2回目の繰り返しでは「灯りは旅立ち」とあるので、電燈の場所自体は動けずにいるままでも、灯りの光だけはそこからどこか遠くまで旅立って届くというように歌詞を読み取れます。

ここのBメロだけメロディが今までに出てこないように明るくなっていくので、そのメロディの明るさと電燈の明るさを比例させて米津さんは曲を作っているのではないのかなぁと僕は解釈をしています。

まとめ|旅人電燈の歌詞の意味を解釈・考察

旅人電燈の歌詞解釈をしてみましたがいかがだったでしょうか?

旅人電燈という存在は、インタビュー記事を参考にした時に、過去の米津玄師をそのまま投影しているようなものとして解釈を進めていくとかなりスムーズに理解することができました。

過去の自分という孤独な存在を、このようなふとした風景に重ねて曲に仕上げることのできる米津さんはやはり只者ではありませんね…。

 

↓こちらの記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】こころにくだものの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】Flowerwallの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】アンビリーバーズの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

米津玄師のあのCM・主題歌に使われている曲はこれだ!全11選

米津玄師が「長い前髪で前が見えないのはなぜか?」を考察する

 


アンビリーバーズ [ 米津玄師 ]