【米津玄師】アンビリーバーズの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

アンビリーバーズ、シングル発表以来あのフロアタムを叩いてバチをぶん投げる米津さんのライブスタイルが話題になってかなり人気な曲になりましたね。

あの年の夏フェスはそのことで米津ファンは持ちきりだったように記憶しております…。

「否定による肯定」がテーマと本人が言っているものの、

おそらく人によっては、この楽曲の歌詞も米津楽曲によくあるようなパッと見てもよく分からないものに映っているかと思うので(ヘッドライトやテールライトとか)、今回はこの歌詞をじっくりと解釈していこうと思います!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=naJcqMBbAn4)

アンビリーバーズの曲にまつわる情報

アンビリーバーズは、米津玄師さんの4枚目のシングル曲で3rdアルバム「Bremen」にも収録されています。


アンビリーバーズ [ 米津玄師 ]

スポーツメーカーであるMIZUNOの「WAVE ENIGMA 5」というシューズのCM曲としても起用されましたので、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

(タイアップに関しては米津さんの曲でCMや映画などのタイアップ曲に起用されたものをまとめた記事でより詳しく説明しています!)

この曲は作風が今までよりもダンサブルな感じで、米津さんがその当時に聞いていたであろう音楽の要素が混じったサウンドの曲だと筆者は理解しています。

 

歌詞も、Flowerwallに続き「他者への救いの歌」となっていて、「diorama」「YANKEE」のアルバムよりも、ポップで伝わりやすい歌詞になっています。

そして、アンビリーバーズはライブだと米津さんはサビ前にタムを叩いてそのバチをステージ後方に投げ捨てるパフォーマンスをよく行う曲でも有名です。

オフ会カラオケでも、この部分だけみんなでソファをリズム通りに叩いたりしていました(笑)

 

アンビリーバーズのPV

公式PVはこちら!このPVの狼くんがずっと踊ったり苦しんだりといろいろな動きを見せて可愛いのにも注目です。

歌詞の「ヘッドライト」「テールライト」という言葉にPVが連動しているので、こちらのPVを解釈するとまた歌詞が新しい角度で見えてくるかもしれません。

なんとなくですが、狼くんがウロウロしているところから「狼狽える(うろたえる)」という言葉の意味合いを思い浮かべ、その言葉の漢字から「狼」が主人公のモチーフになったのかなぁと推測しています…。

 

アンビリーバーズのギターコード

アンビリーバーズのギターコードはこちらです!いつものUフレットから引っ張ってきました。

http://www.ufret.jp/song.php?data=26552

ギターの演奏に関してですが、カポを1フレットに装着してプレイします。

Aメロは静かめなのでアルペジオでプレイし、Bメロは徐々にストロークを大きくしていき、サビでその貯めた分を開放するように弾いていくことをおすすめします。

だっちさんの弾き語り動画を見てみるとかなり参考になるかと思うので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

アンビリーバーズのインタビュー記事

そして、インタビュー記事はこちらです。

アンビリーバーズはシングル曲なので、インタビューもかなり充実していますね。

歌詞の解釈を進めていく上でも、米津さんの曲作りの過程を知ることはかなり重要になってくるので、米津ファンの方は是非チェックしましょう!

・ナタリーミュージック

http://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi06

・rock’in.com(Rock’in on 2015年10月号に続きは掲載)

https://rockinon.com/feat/yonedzukenshi_201508

 

アンビリーバーズの歌詞の意味を解釈・考察

この歌は、周りからの目だったりイジメなどのストレスを受けている主人公を救う歌になっています。

タイトルのアンビリーバーズは、悲しみを信じない者たちを指していることがアンビリーバーズの米津さんのインタビューから分かります。

どのように悲しみから逃れてポジティブな感情へと気持ちが動いていくのかはそれぞれの歌詞パートで細かく解説していきますので、早速見ていきましょう!

アンビリーバーズ_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

ヘッドライトに押し出されて 僕らは歩いたハイウェイの上を

この道の先を祈っていた シャングリラを夢見ていた

誰がどんなに疑おうと 僕は愛してるよ君の全てを

もしも神様がいたのならば 僕と同じことを言うだろう

(出典: アンビリーバーズ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

冒頭のヘッドライトは「周りからの目や期待を意味」し、ハイウェイは「ものすごく頑張らなければならないと事柄や道」を意味しています。

Bメロの歌詞やサビの解説を見てから読むと大変分かりやすいのですが、この曲は「周りからの目に悩んで悲しみに暮れている主人公を救う曲」となっていて、このAメロでは主人公である人が現在辛い状況にいることを描写するパートとなっていて、ここから物語はスタートしていきます。

ちなみにシャングリラは理想郷の意味なので、やはり苦しいところから楽なところへ道が続いていますようにという主人公の気持ちもここから読み取ることができますね。

アンビリーバーズ_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

何されたって 言われたっていい

傷ついても平気でいられるんだ

だから手を取って 僕らと行こうぜ

ここではない遠くの方へ

(出典: アンビリーバーズ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

誰か1人が自分のことを愛してくれているのであれば、その人が見捨てることはないから周りから何をされても言われても大丈夫だということを歌っています。

「どこか遠く」は、米津さんのホットワードで近年の歌で何度も出てくるフレーズですが、今回のどこか遠くは「悲しみに暮れる世界とは関係のない別のところ」を指しているのでしょう。

周りから色々と言われて傷ついている主人公を救うために、ストレス要因から離れた場所へ連れていこうとします。

アンビリーバーズ_1番サビ歌詞の意味・解釈

今は信じない 果てのない悲しみを

太陽を見ていた 地面に立ちすくんだまま

それでも僕ら 空を飛ぼうと 夢を見て朝を繋いでいく

全て受け止めて一緒に笑おうか

(出典: アンビリーバーズ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「マイナスを否定することでプラスに変える」というインタビュー中の米津さんの言葉がまさに1行目に出ています。

おそらく太陽はプラスの象徴でしょう、そこに向かおうと毎日を過ごして行く主人子たちの気持ちを歌っていると思われます。

歌詞の最後の1行は、「人生において悲しいこと辛いことがあるのは当然だから、その負担を2人で受け止めて笑えるようにしていこう」というメッセージを読み取ることができます。

いやー、やはりこのアンビリーバーズの頃からだいぶ誰もが理解しやすい歌詞になってきましたね。

アンビリーバーズ_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

テールライトに導かれて 僕らは歩いたハイウェイの上を

気がつけば背負わされていた 重たい荷物を捨てられずに

誰のせいにもできないんだ 終わりにしようよ後悔の歌は

遠くで光る街明かりに さよならをして前を向こう

(出典: アンビリーバーズ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1番ではヘッドライトでしたが、次はテールライト。テールは尻尾の意味なので、今度は自分よりも先を行く前の人と連想して、大人=親や先生などから何かプレッシャーを与えられてしまっているのでは?と考えます。

「気がつけば背負わされていた」という部分は、もしかしたらレールに沿った人生を歩むことを親などから言い続けられていたことを意味しているのかもしれません。

かといって、その親もそのような価値観を持ちたくて持ったわけではないはずなので、そこに対して「誰のせいにもできない」と米津さんは切り込みます。

そして、今いる住み慣れた場所から、新しい自分にとっての理想となる場所を目掛けて歩み出します。

アンビリーバーズ_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

貶されようと 馬鹿にされようと

君が僕を見つめてくれるなら

キラキラ光った パチパチ弾いた

魔法だって使えるような

(出典: アンビリーバーズ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここは1番Bメロとほぼ同じメッセージですね。特に前半2行はほぼ同じです。

後半部分に関しては、君が辛い時は僕が何とかしてあげるという意味合いでの魔法を表現しているのでしょう。

擬音を連続して使っているので、リズム感がいいのと、字面を見ると可愛らしさを感じるのがどこか良いですよね。

アンビリーバーズ_2番サビ歌詞の意味・解釈

今は信じない 残酷な結末なんて

僕らアンビリーバーズ 何度でも這い上がっていく

風が吹くんだ どこへいこうと 繋いだ足跡の向こうへと

まだ終わらない旅が 無事であるように

(出典: アンビリーバーズ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

次は「残酷な結末」を否定してポジティブな気持ちに持って行きます。たとえ気持ちが落ちても「這い上がっていく」と。

そして、「終わらない旅が無事であるように」という一節ですが、BUMP OF CHICKENの「ロストマン」という曲の歌詞を彷彿とさせます。米津さんはバンプのことが大好きなので、おそらくこれをオマージュしたのだと推測されます。

こんな感じで、ところどころに米津さんの音楽のルーツが歌詞やサウンドに現れているのを見つけるのが楽しくて歌詞解釈はなかなかやめられません(笑)

アンビリーバーズ_Cメロ歌詞の意味・解釈

そうかそれが光ならば そんなもの要らないよ僕は

こうしてちゃんと生きてるから 心配いらないよ

帰る場所も無く僕らは ずっと向こうまで逃げるんだ

どんな場所へ辿り着こうと ゲラゲラ笑ってやろうぜ

(出典: アンビリーバーズ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半の「それ」というのは、「周囲が主人公に期待するもの」だと考えられます。周りの人や世の中が言う”正解”と、自分の中の”正解”が違うのであれば、前者は光になりうることはないと伝えたいのでしょう。

また、後半部分については、「ずっと逃げている、けれどもその逃げで自分を見失わないのであれば、それはもはや逃げではない」というようなメッセージをこのCメロから感じます。どんな道であっても最終的に笑って、今の苦しい状況を作り出した周りの人たちにざまぁみろってゲラゲラ笑ってやれればそれでよしといったところでしょうか?

※ラストサビは1番サビと同じなので解釈は割愛します。

まとめ|アンビリーバーズの歌詞の意味を解釈・考察

アンビリーバーズの歌詞の解釈をしてみましたが、いかがだったでしょうか?この曲は、冒頭にも書いたように「否定を否定することによる肯定」を歌った歌となっています。

周りからのプレッシャーやストレスで自分が磨り減りそうな時、是非このアンビリーバーズを聞いて元気を米津さんからもらってみてください!

 

↓こちらの記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】フローライトの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】旅人電燈の歌詞の意味を解釈・考察

米津玄師のあのCM・主題歌に使われている曲はこれだ!全11選

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた


アンビリーバーズ [ 米津玄師 ]