【米津玄師】Undercoverの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

 Undercoverの曲にまつわる情報

Undercoverは、米津玄師さんの3rdアルバム「Bremen」の7曲目に収録されている楽曲です。少しダークな感じがするエレクトロポップな曲で、YANKEEのバンドサウンドとは少し違った顔を覗かせるBremenならではの楽曲ですね。


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師

僕個人としては、前回記事にしたNeon Signと似たようなダーク感を感じていて少し似ているなぁと思っています。

(どちらも暗めの曲調なので、共感してくれる人がいるのでは… !と勝手に思っております。。)

UndercoverのPV

さて、PVはアルバム曲なのでありませんが、Youtubeに歌ってみた動画があったので、こちらをアップします!

女性のカバーですが、綺麗な声でとても聴きやすいのでオススメです。

原曲が聞きたい方はぜひBremenを買うか借りるかダウンロードするかして聞いてみてくださいね!

Undercoverのインタビュー記事

インタビュー記事はこちら!

Bremenのインタビューを集めてみましたが、Undercoverの楽曲について書かれているものはほとんどなく、唯一書かれているものといえばrockin’on.comの曲評くらいでした…。

なかなかアルバム曲を1曲ずつ解説しているものはネットにはありませんね〜。

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi07

・歌ネット

https://www.uta-net.com/user/interview/1510_kenshi_yonezu/index.html

・rockin’on.com

https://rockinon.com/blog/yamazaki/131898

 Undercoverの歌詞の意味を解釈・考察

Undercoverですが、英語で「身を隠す」という意味の英単語です。

人生や運命の苦難・辛さに対して、そこから逃れるように身を隠すまでの主人公の心境と行動の変化をこの曲では歌っているので、そのことを念頭に置きつつ、以下の歌詞解釈をご覧ください。

Undercover_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

どうやってあがいたって 逃げられやしないもんだって

理解してみたってどうしようもない

さあ今夜逃げ出そうぜ ありったけのお菓子もって

きっと役に立つと銃も携えて

(出典: Undercover 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

あがいても逃げられないもの、理解してもどうしようもないものという歌詞を見た時に、僕はすぐに「運命」という言葉が脳裏をよぎりました。

運命に対してはこのような想いを持つのも不思議ではないので、一旦この解釈で進めていきたいと思います。

歌詞後半の「さあ今夜逃げ出そう」というのは、米津ファンおなじみの「どこか遠くへ行きたい米津玄師」に通じる歌詞ですね。

ありったけのお菓子の意味はここでは分かりませんが、何かポジティブで楽しみな出来事の比喩のようにも見えなくはありません。

銃はBメロの歌詞に関わってくるので、そちらで意味を読み取っていきます。

Undercover_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

ハッピーなエンドがいいんだよ 誰だって喜べるみたいなさ

そんなことを思いながら僕はずっと生きていくのか

いつかもし僕の心が 完全に満たされたとしたなら

その瞬間に僕は引き金をひきたい

(出典: Undercover 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ハッピーなエンドは「運命の終わりの時に幸せであること」、つまり死ぬ瞬間に幸せでありたいということです。

もし自分の心が幸せでいっぱいになり満ち足りたならば、Aメロで出てきた銃を自分に向けて引き金を引いて「”ハッピーなエンド”を迎えたい」ということをここでは歌っています。

いつか役に立つと銃を持っていった意味がこのようなためであったと考えるとどこか悲劇のようなものを感じますね。

Undercover_1番サビ歌詞の意味・解釈

どんな今も呑み込んでいけば過去に変わっていく

進む方はただひとつ

いつだってさ この退屈をかみちぎり僕は

駆け抜けて会いにいくんだ

あのトンネルの先へさ

(出典: Undercover 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「生きている時間は死ぬまでの暇つぶしだ」という考えをする人もいますが、今回の歌詞に関してはかなりそれに近い考え方のような気がします。

“トンネル”という歌詞を人生の比喩として考えた時に、どんな瞬間も過去になっていく「今」の積み重ねを退屈とするならば、ただ時間を過ごすだけでなく、それを意味あるものとして死んでいきたい(=ハッピーエンドを迎えたい)という意味合いとしてサビの歌詞を解釈することができます。

よく、ミュージシャンが「ライブをしている時に死にたい」という言葉を残しますが、その言葉はここの歌詞で表現していることをそのまま表現していて、米津さんがミュージシャンであることを考えるととても理解できる文脈の話かなと思います。

Undercover_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

簡単に思えたって 上手くはいかないんだって

もう散々確かめたことだったのに

もういいやなんて言って 引き返そうとしたって

一体全体どこへと帰るのですか

(出典: Undercover 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

どんなことも簡単に見えて実はとても大変なことが多くて、成功するには一筋縄ではいかないのにそれでも「なんでうまくいかないんだ」とヤキモキしてしまうのが人間の性です。

そして、諦めようとして「もういいや」と口にするけれども、そのあとに何をするかはほとんど考えられていない人が多いというのもまた事実で、そういう普遍的な人間の諦めの様子を米津さんは2番Aメロの歌詞では歌っているようです。

Undercover_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

ラッキーなヒットでいいんだよ こんな苦しみを味わうより

そんなことを思いながら僕は きっと生きていくんだな

いつかもし僕の心が 完全に満たされたとしたなら?

その瞬間へ辿り着くにはどうすれば?

(出典: Undercover 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

コツコツやっていく苦しみより、ビギナーズラックのようなニュアンスでラッキーな一発が出たらそれで良いと思う主人公。

そんな満足感を得られるような瞬間はどのようにすれば得られるのか?と答えが、実は心の中でわかっているのにもかかわらず自問自答をしている様子がここでは描かれています。

Undercover_2番サビ歌詞の意味・解釈

どんな今も笑っているうちに錆び付いていくんだ

後戻りは無理なもんだ

いつだってさ 不安の腹にナイフを突き刺して

闇雲に手を伸ばした

何を掴むや知らずに

(出典: Undercover 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

今が全て過去になっていくことを今度は「錆び付く」という歌詞で表現しています。

過去を表現するフレーズが多様に出てくるのも、また文才がある人だなと感じられ、米津さんのワードチョイスの良さに脱帽してしまいます。

うまくいくかどうか、ハッピーエンドを迎えられるかどうかがわからない不安な中でなんとかして藁をもすがる思いでやみくもに動き回っている主人公の様子をここのサビでは歌っています。

自分のやっていることがうまくいくかどうかがわからなくてモヤモヤとしてしまうことは誰にでもありますが、そんな誰にでもあることだからこそ米津さんは歌ってくれているのではないのかな?と感じてしまいますね。

Undercover_ラストサビの意味・解釈

どんな今も呑み込んでいけば過去に変わっていく

進む方はただひとつ

いつだってさ この退屈をかみちぎり僕は

駆け抜けて会いに行くんだ

消し去ってよ この憂いも全て木っ端微塵にしてさ

行ける方へ ただ向こうへ

そんじゃ今は 何もうたわない夜に沈もうか

やがて来る朝を待って

(出典: Undercover 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

前半部分は1番サビと全く同じですが、後半部分は違ったものとなっています。

「ただ向こうへ」という1番の歌詞よりも、「さらに遠くへ行こうとしている気持ち」がここに書かれています。全ての自分の不安と憂いを消し去って欲しいという心境ですね。

最後はUndercoverという曲名に通じるような、「沈む」という歌詞が登場します。

上述のようにUndercoverは「身を隠す」という意味の英単語なので、ここでは「不安を包み込んでくれるような夜に一度潜り込んで、いつかはハッピーエンド的なうまくいく瞬間(=朝)を迎えよう」という歌詞であるように解釈をすることができます。

曲の締めとしては、「辛いのも人生だから、それを受け入れつつ、いつかうまくいくことを願って今という瞬間を一緒に生き続けようぜ」という米津さんからのリスナーへのメッセージとして歌詞が書かれているように感じられますね。

まとめ| Undercoverの歌詞の意味を解釈・考察

Undercoverの歌詞解釈をしていきましたが、いかがだったでしょうか?

暗めの曲で、自分の運命の在り方について考えている主人公の曲でしたね。

Bremenのアルバム曲でもなかなか陽の目を見ることのない曲なので、いつかライブなどで演奏してくれることをこっそりと楽しみにしています!

 

↓こちらの記事も人気です!↓

【米津玄師】アンビリーバーズの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】再上映の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

 


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師