【米津玄師がタイトルに隠した意味】viviの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

米津玄師さんの初期の名曲「vivi」、みなさん歌詞の意味は分かりましたか?

dioramaが発売されて6年が経った今もこうして根強いファンの人気に後押しされていますが、その難解且つ小説的なストーリーにこの曲の本質的なメッセージがなかなか読み取れないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は米津ファン歴約10年のベテランな僕が、この曲の歌詞を徹底的に余すとこなく解釈していこうと思います!

Cメロとかとんでもなく長くなると思いますが、かなり深いところまで考察しますので、最後までぜひお付き合いくださいませ!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=W-Tun8O-Tjk)

 

viviの曲にまつわる情報

viviは米津玄師さんの1stアルバム「diorama」に収録された曲の1つで、YouTube上に本人のイラストPVと共にアップされました。

この曲はかなりゆっくりとしたミドルチューンなのですが、不協和音の使われ方が絶妙で、ギターの音だけ聞いているとメロディに合っていないのでは?と思う場面がいくつか出てきます。

しかし、外れているようで外れていないというのが米津さんの作曲センスの高さがゆえなんですよね。本当にすごい…。

キーも低いのでカラオケでも歌いやすい1曲となっているので、男性の方々はぜひ選曲の際に候補にしてみてはいかがでしょう?


diorama [ 米津玄師 ]

 

「vivi」のそもそもの単語の意味って何?

viviはラテン語で「生きていること」を意味する言葉です。

英語で言うと「Live」や「Alive」に当たるものといったところでしょうか?

つまりは「生」そのものを指していると考えると、米津さんが思う「生」についてこの曲から何か解釈することができるかもしれないという気がしてきますね…!

サビで繰り返される「愛してるよ ビビ」という歌詞を考えると、過去の米津さんの感覚から推測するに「生きること=人から愛されること・人を愛すこと」というように捉えることができるので、この曲の意味する深い部分がタイトルのこの単語からも見え透けてくるようなこないような…。

 

viviのPV

公式PVはこちらから視聴できます。

2017年11月現在、再生回数が2,300万回というすごい数になっております…。

このPVは、ハンプティーダンプティーのようなキャラクターを主人公にした物語テイストの映像で、すべて米津さんがシャーペン1つで書いた繊細な絵の連続でできています。

主人公がおそらくビビと思われる少女と別れなければならなかったり、自分の存在自体にネガティブな気持ちを持っていたりすることが見て感じられる内容になっています。

このネガティブさを自分自身に対して感じているという姿が、非常に米津さんの過去に共通する部分であるのと同時に、viviは米津さん自身の精神世界をそのまま形にしたような曲であるとインタビュー記事で本人が話していることから、このPV自体にも秘密がありそうですね。

また、米津さんのネガティブさに関しては、米津さんの病気経験にも関連してくると思われます。

基本的に歌詞に連動してPVは進んでいくので、この後の歌詞解釈と合わせながらこのPVを見て色々と考えるのもありかなと思います!

viviのギターコード

viviのギターコードはこちら!

http://www.ufret.jp/song.php?data=4828

viviはゆっくり目の曲なので弾き語りにはもってこいな曲ですね。AメロのCコードからC#コードへ移動するあたりでviviの曲の特徴である「不協和音っぽさ」を感じることができます。

viviの曲構成を考えるとCメロのみ少し激しめのストロークに切り替えて、あとはコードをアルペジオでなぞっていくのがいいのではないかなーと個人的には思います。

こちらのだっちさんのギター弾き語りもかなり参考になるので、ぜひチェックしてみてください!

viviのインタビュー記事

viviに関する米津さん本人のインタビューはこちら。viviは米津さんの内面世界に一番近い作品だということをインタビューで語っていますので、絶対にチェックです。

・ナタリー インタビュー

http://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi/page/2

・ローチケHMVインタビュー

http://www.hmv.co.jp/news/article/1205090012/

viviの歌詞の意味を解釈・考察

viviは一言で言えば「すれ違い」の歌なのではないだろうかと考えられます。

(なぜviviというタイトルかは最後まで読んでのお楽しみです!)

米津さんはこの曲を「自分の内面世界に一番近い曲」とかつてのインタビューで答えているので、おそらく彼の過去や経歴から構成された根本的な思想の中にある「人間は他人同士だからどうやっても分かり合えない」という考えが色濃く出た歌だろうという考えを解釈の前提において進めていきます。

では、早速viviの歌詞を紐解いていきましょう。

vivi_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

悲しくて飲みこんだ言葉

ずっと後についてきた

苛立って投げ出した言葉

きっともう帰ることはない

(出典: vivi 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

相手への不満や苦情などのネガティブに思っていることは、自分の中に溜め込むとずっと心のうちに残り続けるし、一方でふとした時に勢いで吐き出すと相手を傷つけて、もう元の状態に戻ることはないということをAメロでは描いています。

“言葉”を擬人化して「ついてくる」「帰る」という動詞を使うことで、見事に心情描写を風景描写に変えて、聞き手の頭の中にストーリーのイメージをもたせている点です。

通常の曲であればAメロは「自転車こいで」「青い空が」など、直接的に曲の風景をイメージできる言葉を入れることが多いのですが、viviはその逆を行きつつきちんとAメロの機能性を高めているため、最初の4行で非常に奥行きのある世界観を作っているのがすごいです。

vivi_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

言葉にすると嘘くさくなって

形にするとあやふやになって

丁度のものはひとつもなくて

不甲斐ないや

(出典: vivi 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分の考えを言葉に起こしてみると「本当にこの表現なのだろうか?」と疑心暗鬼になり、音楽や絵などで表現すると抽象的になってしまう、そんな米津さんのviviを作っていた当時の心境が垣間見えるBメロです。

インタビューの通り、彼のアーティストとしてのストイックさ的な内面世界が綺麗に描写されていますね。

この流れでサビへ突入していきます。

vivi_1番サビ歌詞の意味・解釈

愛してるよ、ビビ

明日になれば

バイバイしなくちゃいけない僕だ

灰になりそうな

まどろむ街を

あなたと共に置いていくのさ

(出典: vivi 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ついに曲のタイトルでもあるビビが出てきました。

PVを見ていると女の子なので、この女の子がビビだということでここは一旦捉えておきましょう。

実はこのビビ、とあることを比喩しているのですがそれはCメロの歌詞解釈を見てからのお楽しみです。

さぁ、なぜ灰になりそうな街とビビを置いて主人公は街から出て行ってしまうのでしょうか?

ストーリーは続いていきます。

vivi_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

あなたへと渡す手紙のため

いろいろと思い出した

どれだって美しいけれども

一つも書くことなどないんだ

(出典: vivi 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ビビに対して手紙を出す主人公。

1番Bメロの想いがあることから、実際に様々な思い出があるのは事実なんだけれど、言葉にするとしっくりこなくて書くに至らない。そんな様子が頭に浮かびます。

この「色々と気持ちを表現しようとしてみるけどしっくり来なくて上手くいかない」というある種のストイックさは、冒頭で少し取り上げたような米津さんの高機能自閉症的な部分が表れている気がしますね。

1つの物事へのこだわりが半端ではないからこそ、生まれてくる作品の1つ1つが非常にハイクオリティーなものになっています。

vivi_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

でもどうして、言葉にしたくなって

鉛みたいな嘘に変えてまで

行方のない鳥になってまで

汚してしまうのか

(出典: vivi 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

先のAメロの流れを受けて、主人公は「言葉にならない、でも書きたい。」と考えています。

1番Bメロで歌っているように「言葉にすると嘘くさい」がここのパートの「鉛みたいな嘘」に対応。

「行方のない鳥」に関しては、羽ペンの先から出る黒インクを想起しました。つまり、「手紙に書いた”文字”」ということです。

文字にすると嘘くさく、また1番Aメロのように吐き出した言葉をネガティブに思う主人公は、自分の書いた文字を見て「紙を汚してしまう」と形容しています。

vivi_2番サビ歌詞の意味・解釈

愛してるよ、ビビ

明日になれば

今日の僕らは死んでしまうさ

こんな話など

忘れておくれ

言いたいことは一つもないさ

(出典: vivi 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

明日になったら今日の自分は死んでしまうという、非常に退廃的だけれども世の真理のようなサビ頭の歌詞に考えさせられますね。

確かに次の日の自分は昨日の自分とはまた違う考えにもなるし、物理的にも細胞は生まれ変わるので。。

あれだけAメロBメロで言いたいことがあって文字にしたのに、結局「言いたいことは一つもない、忘れてくれ」と撤回する辺りに、自分の感情をグレーな感じにする主人公のいたたまれない想いを読み解くことができます。

vivi_Cメロ前半歌詞の意味・解釈

溶け出した琥珀の色 落ちていく気球と飛ぶカリブー

足のないブロンズと 踊りを踊った閑古鳥

(出典: vivi 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

viviの歌詞の中でもかなり難解な部分です。全てが急にとってでてきたような何かの比喩になりうるモチーフ的なワード満載なので、一つひとつ見ていきましょう。

「溶け出した琥珀の色」→琥珀はオレンジ色に近いので、落ちていく太陽=夕暮れを意味しているのでしょうか。

「落ちていく気球と飛ぶカリブー」→カリブーはトナカイのこと。もちろんトナカイは飛ばないので、ここのカリブーは動物のカリブーではありません。

では一体これは何なのか?

このカリブーの謎を解くためにカリブー関連のものを米津さん周りから引っ張ってきてみましょう。

 

おそらくカリブーはこの当時の米津さんの中でのホットワードだったはずで、この頃caribouという曲をアルバム「diorama」にviviと並べて収録したり、自作のトナカイの絵本をサイトにアップしていたので、これらのカリブーとviviのカリブーを一旦合わせて考えます。

(絵本のカリブーはこちらのページから)

http://reissuerecords.net/gallery/

この絵本のカリブーをviviの歌詞のカリブーに当てはめると、飛ぶカリブーは「不幸を感じなくなった不幸だった人」を意味し、「ネガティブからポジティブな方へ、上へ飛んでいる」ようなイメージを持つことができます。

これを気球に置き換えると、「あっけらかんに楽しい日々を過ごしていた人がどんどん不幸を感じてマイナスの方向へ落ちていく」ような様子が頭に浮かびます。

絵本の内容を加味して考えると、「自分の感じる不幸な状況は、さらに不幸な人から見たら幸福だ」という内容とひも付き、結果としてインタビューで米津さんが話している「結局、自分と他人の考えは相容れない」という表現にたどり着くことができます。

この考えのまま、歌詞の解釈を続けていくと、

「足のないブロンズ」→足のない=動けない、と考えます。ブロンズ像はどれも神々しかったり勇ましかったりするので、「見た目や考え方はしっかりしているけれど行動力のない人」を暗喩しているように捉えられます。

「踊りを踊った閑古鳥」→閑古鳥が鳴くと「商売が繁盛していない」という意味になるので、売れていない人が何か行動を起こしている様子を表しているように捉えられます。まるで、ニコニコ動画で売れない曲をアップしているボカロプロデューサーのような。

このブロンズと閑古鳥もある意味で対照的に見えてきませんか?頭がいいけど行動力のない者、考えるのは苦手だけどとりあえず足を動かせる者。

本当に、Cメロの前半部分だけでも解釈が非常に複雑です。

vivi_Cメロ後半歌詞の意味・解釈

忙しなく鳴るニュース 「街から子供が消えていく」

泣いてるようにも歌を歌う 魚が静かに僕を見る

どうにもならない心でも あなたと歩いてきたんだ

(出典: vivi 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「忙しなく鳴るニュース 街から子供が消えていく」・・・ただの誘拐という解釈よりも、筆者はここでの子供を”未来”の比喩だと捉えています。

ものごとをマイナスに捉えてばかりの自分には未来が無いと思っている主人公。

そこで「泣いてるようにも歌を歌う」、これはきっと主人公、おそらく米津さん本人のことでしょう。とにかくあやふやでも歌にして自分の気持ちを伝えたい自分の表現ではないかと推察します。

「魚が静かに僕を見る」のは、何かを試されている・問われているような様子。結局主人公がここから先で、どのような行動をとるのかを周囲は見ているといった感じでしょうか。

そして、最後の締めくくりの部分は「言いたいことは言葉にも何にもならないけれども、そうだとしてもビビと一緒にいたい」と伝えています。

未来を憂いていてもしょうがないし、自分と違う他人がたくさん生きているのが人間社会。それをCメロの複雑な気持ちの描写の中で主人公は理解しつつ、そこに向かって自分なりに相対していこうとしているのでは無いでしょうか?

さて、ここまでくると、キャラクターとしてのビビの正体は「自分とは相容れない他人のうちの1人」と解釈することができます。

その解釈のままラストサビへ行ってみましょう。

vivi_ラストサビ歌詞の意味・解釈

愛してるよ、ビビ 明日になれば

バイバイしなくちゃいけない僕だ

灰になりそうな まどろむ街を

あなたと共に置いていくのさ

言葉を吐いて 体に触れて

それでも何も言えない僕だ

愛してるよ、ビビ 愛してるよ、ビビ

さよならだけが僕らの愛だ

(出典: vivi 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「相容れない価値観の人とも一緒にいたい」とCメロの終わりで語っている言葉が、「愛してるよ ビビ」に集約されていきます。

「灰になりそうなまどろむ街」は、人間社会全体を指しているのかもしれません。

ビビはもちろんその社会を構成する人間の1人。なのでビビを置いて僕はある意味「バイバイ」していくわけです。

最後の「さよならだけが僕らの愛だ」は、分かり合えない僕らはどうしても「直接的な愛の言葉」を示すことができず(=嘘くさく聞こえるから)、「さようなら」とすれ違うことででしか愛を示せない、というとても複雑な心情描写を最後にして曲を終えています。

つまり、サビで繰り返されていたバイバイはこの「さようなら」を示していたと考えられますね。

このなんとも言えない不器用なコミュニケーションこそが、米津さんが過去に人とのコミュニケーションに難しさを感じていたことと重なって見えるような気がしてならない…。

ここまで考えられていたのだとしたら彼の作詞のレベルはやっぱり常軌を逸していますよね。。

まとめ|viviの歌詞の意味を解釈・考察

“vivi”の歌詞の意味を解釈をしていきましたが、いかがだったでしょうか?

正直複雑すぎて、解釈にものすごい時間をかけてしまいました。

(Cメロを理解することがどれだけ大変だったか…笑

でも、この解釈であればタイトルの「vivi」の意味合いが元々のラテン語の「生きていること」という意味ともマッチするので、自分としては米津さんの考えに少しは近づけたのかなと勝手に感じております。

もちろんこの記事はあくまでviviの一解釈なので、歌詞の捉え方は人それぞれですが何か歌詞を読み解く際の一つのヒントにでもなれば幸いです。

 

↓こちらの歌詞解釈記事も人気です!↓

【米津玄師による”出会いと別れ”】アイネクライネの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【徹底解説】Lemonの歌詞・PVの意味を解釈・考察

【米津玄師の想いが隠された】ゴーゴー幽霊船の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師のプロフィールをファン目線でコアなとこまでまとめてみた

米津玄師の病気「高機能性自閉症」と「うつ病」の症状をガッツリまとめてみた

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた


diorama [ 米津玄師 ]