【米津玄師】【強すぎる愛への渇望】鳥にでもなりたいの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

鳥にでもなりたいの曲にまつわる情報

鳥にでもなりたいは米津玄師さんのメジャー2ndシングル「MAD HEAD LOVE / ポッピンアパシー」のカップリング曲として3曲目に収録されている楽曲で、非常に中毒性のあるサビがフックとなるハチPの楽曲ぽさも兼ね備えている曲です。


MAD HEAD LOVE/ポッピンアパシー [ 米津玄師 ]

Aメロとか個人的に特にボカロっぽさを感じるんですよね。。

それでは鳥にでもなりたいの曲にまつわる情報をあれこれ見ていきましょう!

鳥にでもなりたいのPV

鳥にでもなりたいはカップリング曲なので、残念ながらPVはありません。そのため、今回はこちらの動画をアップします。

MAD動画とはなっていますが(なぜおそまつさん…)、米津さんの原曲が使用されているので、「さすがにカップリング曲までは聞いたこと無いよ!」という米津ファンの方にもおすすめの動画となっています。

その他にもいくつかカラオケでの歌ってみた動画も上がっているので、そちらもぜひ探してチェックしてみてくださいね!

鳥にでもなりたいのギターコード

Chordwikiにギターコードが載っていのでこちらから今回は引っ張ってきました。

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E9%B3%A5%E3%81%AB%E3%81%A7%E3%82%82%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84

C,G,Fを中心としたコード進行となっていますが、G#7-5のコードだけあまり見かけないコードなので注意して練習しましょう。

サビもGが7thコードになっているので、少し暗さが織り混ざっていていい感じに怪しさが演出されていますね。この曲はこういう風にコードやメロディを考えると、本当にボカロっぽさを感じてならないので、「あぁ、ハチPからの米津玄師なんだなぁ」と感じるばかりです。。

鳥にでもなりたいのインタビュー記事

鳥にでもなりたいのインタビュー記事ですが、まさかのどのネット上のインタビュー記事にも載っていませんでした…。

シングル曲のカップリングだと大体の場合で多少は触れられるのですが、やはり両A面シングルということもあってそこまでインタビュー記事も取り上げられなかったのだと思われます。

これはもう、本当に何のヒントもない状態で歌詞をがっつり考察しなければなりませんね。(とはいえアルバム曲の解釈はほとんどそうですが笑)

・BARKS

https://www.barks.jp/news/?id=1000095414

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi03

鳥にでもなりたいの歌詞の意味を解釈・考察

鳥にでもなりたいは、一言で言えば米津さんの「人への愛の渇望」の曲だということができます。

やはり初期の楽曲だからこそ出るこの感情なのだろうなと感じざるを得ない部分がある、米津さんの過去の恨めしさ的なものも含めて不思議な魅力の詰まった歌詞となっていますね。。

それでは早速、歌詞解釈をしていきましょう!

鳥にでもなりたい_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

あなたが愛してくれないなら

あたしは生きてる意味なんてないわ

今更どこへもいけないなら

きれいな鳥にでもなりたいわ

(出典: 鳥にでもなりたい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

初期の米津さんの歌詞によく見られる「愛の渇望」がここの歌詞でも出ていますね。

ちょうどまだ2ndシングルくらいの頃なので、抄本恋と病熱首なし閑古鳥などのdiorama時代の楽曲でも「愛されたい」という歌詞が頻出な時代で、やはりまだ1stアルバムと2ndシングルでは米津さんの内面世界はそこまで大きく変わらないことが伺えます。

しかし、インタビューで米津さんが最近話しているように「昔は愛されたいという欲が強かったが今はだいぶ落ち着いた」という心境なようなので、今と昔での精神面での対比もすることもこの曲を解釈する上での醍醐味になるかもしれませんね。

(LOSERなどはここ最近のBOOTLEGのアルバムの中でも「愛されたい」という歌詞が登場しますが、ここではすでに「愛されたいなら言わないとね」という少し大人な目線からのニュアンスになっているのでまた違いますね…)

歌詞の内容ですが、前半2行はそのまま自分自身の愛への飢えをダイレクトに伝え、後半2行はファンお馴染みの「何処かに行きたいけど何処にもいけない米津さん」の歌詞に加え、何も今の地点から動きたくても結局動けないなら、せめて醜い存在から綺麗な存在になりたいと嘆いている構造となっています。

米津さんは自分に対して「醜い」という思いを強く持っているのと、特に初期の頃はこの感情は先ほどの「首なし閑古鳥」の歌詞などから察するにかなり強かったので、このような歌詞が出てきたのだと考察することができます。

鳥にでもなりたい_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

誰それ大げさに吐く嘘には

易々耳なんか貸さないんだから

誰彼すがらず生きてきたの

(出典: 鳥にでもなりたい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

おそらくここは先ほどの「愛」の文脈から考えるのが1番しっくりくるものと思われます。

「大げさに吐く嘘」は誰もが口にする「愛している」「信じている」という類の言葉のことだとすれば、疑心暗鬼に満ちていた過去の米津さんが世間の多くの人が軽々しく口にするこれらの言葉に対して「どうせそう言っているけれど、嘘だろう」と感じるのも無理がないなというのが個人的なここの部分の解釈です。

最後の1行も誰も信じずに生きてきた(でも本当は信じたい)という米津さんの内面世界が覗けますので、世界観としては「恋と病熱」にやはり似ているのかなと。。

鳥にでもなりたい_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

だけど今日は寂しいが募る日になって

悲しいで満ちる夜になって

甘え足りないの、あたしあなたのこと愛してる

(出典: 鳥にでもなりたい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

“寂しさ”が募るというような普通の文体でなく、「寂しい」「悲しい」という形容詞で書かれているのが特徴的な歌詞ですね。

この書き方にすることによって、形容詞の主語は「あたし」なので、「あたしは”寂しい”」といったように、よりリアルな主人公の感情を描写できるため、米津さんはこういった歌詞にあえてしたのだと思われます。

そして、「甘え足りない」という明確な「愛への渇望」がここでやっと出てきました。

この歌詞が出てくる背景としては、米津さんが家庭にも学校にもどこにも自分を見出せる場所がなく信じられる人がいなかったバックグラウンドが由来しているのかなと思われます。

鳥にでもなりたい_1番サビ歌詞の意味・解釈

ねえねえねえ連れてって!連れてって連れてって!

あなたの生まれたあの街の中

あなたを育てたあの部屋の中

(出典: 鳥にでもなりたい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

すごくキャッチーで頭の中で何度もリフレインするサビですよね…。この歌詞の載せ方から考えると、おそらくメロディが先にできてその上に歌詞を載せていったのでしょう。

歌詞の意味としては、自分の大好きな存在としての「あなた」がどのように構成されていったかを過去から全て知りたいという純粋な愛が故の良い意味での気持ち悪さ・怖さが演出されています。

米津さんは非常にメタ的に自分の感情を歌詞に落とし込むことができる人なので、このストーカーっぽさはあえてリスナーに届くように書いているのでしょう。

この演出の裏側の気持ちとしては、「この不気味さを全て含んで自分を愛してくれる存在を求めている」というような意味合いになるのかなと解釈することができます。

鳥にでもなりたい_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

ふと思いに耽る夜のこと

あたし気がついたことがあるの

けど誰もわからないだろうから

あたしの心に留めとくわ

(出典: 鳥にでもなりたい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

とある夜遅くに主人公はふと何かに気づきましたが、これは何に気づいてしまったのでしょうか?

「自分の心だけに留めておいて人に言わない」というのは、言ったとしても誰にも理解できないからだという想いがあるということなので、1番の歌詞を加味して考えると「自分が病的なまでに人に愛されたいと思っていること」がこの気づいてしまった内容になるのかなと思われます。

相手の生まれた場所から育った場所まで全てを知りたいという気持ちは他の人には中々言うことができませんよね。その辺りの隠さなければならないという気持ちも込みで、この歌詞になっているのだと思われます。

鳥にでもなりたい_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

あなたが愛してくれないなら

あたしは生きてる意味なんてないわ

今更どこへもいけないならじゃあ

(出典: 鳥にでもなりたい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ここの歌詞は1番Aメロ前半と全く同じ歌詞ですが、「きれいな鳥にでもなりたいわ」の部分だけBメロに移っていますね。

この歌詞が再度また2番にも出てくるということは、この曲で米津さんがリスナーに強く訴えかけたいメッセージだという裏返しとしても解釈することができます。

僕たちリスナーから見れば、音楽もできて絵も描けてダンスもできて…というようなとんでもなく素晴らしい人間に見えても、米津さんは自分自身に相当コンプレックスがある人なのだということが見え隠れするところがまたこの人を魅力的に感じさせる部分ですよね。

鳥にでもなりたい_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

きれいな鳥にでもなりたいわ

きれいな鳥にでもなりたいわ

あたしはあたしでいたいの、だからあなたのこと愛してる

(出典: 鳥にでもなりたい 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

最後の1行がパッと読むと意味不明なように見えますね。

この歌詞は、「自分は病的なまでにあなたのことが好きな自分のままでいたい、それが本当の自分なのだから」という自己の強い肯定があるからこその歌詞ですね。

「この本当の気持ちがあるからこそ、あなたのことを愛している(=もしこの自分の強い気持ちに嘘をついて、軽いレベルでの”好き”という感情で伝えなければならないのならば、それはあなたを愛しているとは言えない)」というある種の反語的な側面を持った歌詞となっていると解釈するとスッと理解をすることができますので、このように意味を捉えるのがベターかなと考えています。

最後の最後にトリッキーな歌詞を持ってくるあたりにも初期の米津さんらしさを感じて、昔からのファンとしてはどこか懐かしさ的なものを感じて嬉しくなります(笑)

※ラストサビは1番サビの歌詞と全く同じなので解釈を割愛します。

まとめ|鳥にでもなりたいの歌詞の意味を解釈・考察

鳥にでもなりたいの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

米津さんの「愛」への飢えがシンプルな歌詞とキャッチーなメロディの中から解釈できる楽曲でしたね。

今回の歌詞を解釈するにあたって、ひたすらこの曲をリピート再生していたのですがサビのメロディがずっと頭を離れないので、それだけが非常に厄介です(笑)

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師】MAD HEAD LOVEの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】ポッピンアパシーの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師の好きな人?】春雷の歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット大全

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【画像で徹底解説】米津玄師のギター・エフェクター機材!

 


MAD HEAD LOVE/ポッピンアパシー [ 米津玄師 ]