【米津玄師】ウィルオウィスプの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

ウィルオウィスプの曲にまつわる情報

ウィルオウィスプは、米津玄師さんの3rdアルバム「Bremen」の6曲目に収録されている曲で、ブレーメンの音楽隊がモチーフになったファンシーな曲です。


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師

アルバム名が「Bremen」なので、ブレーメンの音楽隊が出てくるこの曲はアルバムのコンセプト曲と言っても過言ではないかもしれません。

ちなみにウィルオウィスプとは「鬼火」のようなもので、火の玉みたいなものだと思ってください。参考までにウィルオウィスプのウィキペディアを載せておきます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97

米津さんはなぜこのようなタイトルにしたのでしょうか?

これも後ほどの歌詞解釈で少し考えていきましょう。

ウィルオウィスプのPV

また、ウィルオウィスプはアルバム曲なのでPVはありません。

なので、Youtubeから探してきました。ファミコン音で作られたバージョンがあってすごく面白いので是非聞いてみてください。

原曲を聴きたい人はアルバムを買ってください(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=dlx4cHSv-RI

ウィルオウィスプのインタビュー記事

インタビュー記事に関してはアルバム「Bremen」のインタビューの中で曲の一部が取り上げられていたので、こちらをぜひチェックしてみてください!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi07

・rockin’on

https://rockinon.com/news/detail/133268

ウィルオウィスプの歌詞の意味を解釈・考察

ウィルオウィスプは冒頭に書きましたように「ブレーメンの音楽隊」がモチーフになった曲です。

皆さんはブレーメンの音楽隊を読んだことはありますか?あの物語は、食料にされてしまいそうな動物たちが平和を求めてブレーメンという理想郷を目指して旅をする物語で、結局物語のオチとしてはブレーメンに行く途中の家で仲良く動物たちが音楽を奏でて暮らしたという話になっています。

なので、この曲は理想郷に行く途中過程のことを歌っているとも思えますし、その途中過程こそが幸せな理想郷になりうるのではないのか?と行った米津さんらしいメッセージをうかがえる作品となっています。

それでは早速歌詞の中身を解釈していきましょう。

ウィルオウィスプ_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

打ち捨てられた高速道路を歩き続けている

みんな一列に並んでは ゲラゲラ笑いながら

犬も猫も鶏も引き連れ街を抜け出したんだ

こんなに世界が広いこと 知らずにいたんだな

(出典: ウィルオウィスプ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

犬も猫も鶏もと、世界は完全にブレーメンの音楽隊ですね。インタビューでもよく語られていますが、「どこかから逃がれるように移動をしていく、遠くに行く」という米津さんの当時よく考えていた想いがそのまま歌になったものですね。

どこかから仲間を引き連れて普段いる世界から、自分たちの知らない世界へ出て行こうとしている様子が目に浮かびます。

ウィルオウィスプ_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

みんなが歌った あの歌に 出てきた国に

僕らは行くよ 声を上げて 振り向かないよ

(出典: ウィルオウィスプ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「みんなが歌ったあの国」とはブレーメンの音楽隊が目指した理想の場所を指しているのでしょう。

その場所に向かって、もといる場所を振り返ることなく進んでいくという気持ちの強さもここのBメロから伺うことができます。

Bメロはそこまで歌詞も多くないのと複雑な歌詞は一切出てこないので、わりとそのまますっと頭に曲のイメージができます。

ウィルオウィスプ_1番サビ歌詞の意味・解釈

ねえ笑おう 手をとってほら 悲しみをはらう為に

もう二度と迷わない 約束したよね

ママ パパ ママ 今もあいたいよ

でもね僕は行くよ

(出典: ウィルオウィスプ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ママやパパというのは自分が元にいた場所を指しているのでしょう。どこか暖かくて懐かしい思い出のような場所に戻りたくなる時もあるけれど、それでも僕は行くんだというメッセージがサビに込められています。

「手を取ってほら」という部分などから、前半部分は一緒に旅に出ようという意味合いの言葉が紡がれているように感じます。

しかし、世界観は分かったものの、これだけではまだまだこの時点で鬼火のウィルオウィスプの意味は分かりませんね。

もう少し歌詞の考察を続けていきます。

ウィルオウィスプ_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

誰もいない街から街へとゆく僕らの冒険は

くだらないことを喋りあい 身を寄せ合って歌を歌う

帰る場所が無くなって随分経ち悲しみにも慣れて

それでも僕らの毎日は まだ終わらないまま

(出典: ウィルオウィスプ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

のらりくらりと毎日を過ごす僕たちは、どうでもいいことを話して、楽しく歌を歌って遊んでいるような日々。

それでも、ふと振り返ってももう元の自分の場所はなくて、その過去の時間には戻れない悲しさもあるけれど、その悲しさにはもう慣れてしまったのだというような歌詞解釈になるのでしょうか?

そんな日々を過ごしてもまだまだ人生は長く先が見えないまま広がっているという米津さんの人生観のようなものがこのAメロからふと垣間見えますね。

ウィルオウィスプ_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

忘れられないよ どんなときも あの日のことを

僕らは行くよ きっと行くよ もう泣かないから

(出典: ウィルオウィスプ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

もう泣かないから、というところから先ほどのAメロの「悲しみにも慣れて」の悲しみがここにこうしているように感じます。

あの日のこと自体は何も読み取れませんが、サビでのママやパパに会いたいという部分から推測するともしかしたら主人公の親は人間に殺されてしまった動物なのかもしれません。

ブレーメンの音楽隊のストーリーから考えるとそこまで無理のない推測かなぁとも思うので。

そして、その親の霊のようなものをもしかしたらウィルオウィスプとして表現しているのでしょうか?

もう少し歌詞を見ていきましょう。

ウィルオウィスプ_2番サビ歌詞の意味・解釈

ねえ今は 何もかもが 美しくみえるんだ

もう僕は待ちきれない あの光る方へ

ママ パパ ママ 皆で行くんだ

寂しくないんだよ

(出典: ウィルオウィスプ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ブレーメンを目指して旅をする主人公たちは、前を向いている分には全てが美しく見え、さらに胸が高まった状態で進んでいく。

ママもパパも幽霊となって、友達と一緒になってみんなで行くというようなイメージでここのサビは捉えられそうですね。

ウィルオウィスプ_Cメロ歌詞の意味・解釈

聞こえるよ 歌声と誰かが僕らを呼ぶ声

ここにいるよ 見つけておくれ 僕らのこの足音を

(出典: ウィルオウィスプ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

「誰かが僕らを呼ぶ声」というところが、まだ見ぬ誰かがブレーメンの方から呼んでいるような様子をイメージさせますね。

そして、続く「足音を見つけておくれ」というところから、誰かに見つけてもらおうとする主人公の気持ちを読み取ることができます。

どちらにせよ、どこかに向かっている自分を導いてくれるものを見つけて、それに向かって進んでいるような感じなのでしょうか?

ウィルオウィスプ_ラストサビ歌詞の意味・解釈

ねえ笑おう手をとってほら 悲しみをはらう為に

もう二度と迷わない 約束したよね

ママ パパ ママ 今もあいたいよ

でもね僕は行くよ

今もあいたいよ いつでも想っているよ

(出典: ウィルオウィスプ 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

ラストサビは1番サビの繰り返しですが、最後に少しだけ1番になかった部分が付け加えられていますね。

今も会いたい・いつまでも想っているという言葉が追加されています。

僕は行くよと言いつつも、今も会いたいということを繰り返す主人公の心の本音が見えるような歌詞ですね。

先ほどのように、ママやパパを「過去の自分の居場所」と位置付けると「過去の自分の場所や思いを感じつつも、それでも新しいところへ行く」という、どこか米津さんのようなイメージを受けますね。

3rdアルバムのBremenから米津さんの作風はかなりポップで大衆受けになったとファンの間ではよく言われていることですが、これはボカロ時代の米津さんらしさ(=過去)を頭の片隅に置きつつも、エレクトロだったりといった新しいサウンド手法を取り入れて、歌詞もより多くの人にわかりやすく伝わるような歌詞にしようという彼のスタンスのようにも感じることができます。

まとめ|ウィルオウィスプの歌詞の意味を解釈・考察

ウィルオウィスプの歌詞を解釈してきましたがいかがだったでしょうか?

Bremenというアルバムを理解する上では欠かせない1曲となっているので、米津玄師ファンであれば絶対にこの曲で伝えたいことや描きたいことは理解しておきたいものです。

ウィルオウィスプの意味自体はそこまで確信を持って理解できた感覚はないといえばないので、他に「こういう解釈ができるのでは?」という意見がもしあればぜひコメントしてください…!

 

↓こちらの記事も人気です!↓

【米津玄師】Undercoverの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】【儚い歌詞の裏側】メトロノームの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

 


Bremen [通常盤][CD] / 米津玄師