【ハチP】ワンダーランドと羊の歌の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

ワンダーランドと羊の歌の曲にまつわる情報

ワンダーランドと羊の歌は、ハチP(米津玄師)のボカロ曲で、アルバム「OFFICIAL ORANGE」に収録されている楽曲です。


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】

牧歌的なとてもほのぼのする可愛い楽曲ですよね。高校3年生の頃に死ぬほど聞いていた楽曲で書いている僕もとても大好きです!

この曲もボカロ界を代表する1曲で、パンダヒーローマトリョシカなどと並ぶ人気曲ですので、まだ聞いたことのない人は絶対にチェックしてください!

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=wjau2XZEH4A)

ワンダーランドと羊の歌のPV

PVはこちら!

「恋と病熱」「砂の惑星」と同様に、南方研究所とのコラボPVなので、とてもクオリティが高いアニメーションとなっています。

ジブリの「千と千尋の神隠し」的な世界観が散見されますので、おそらく影響を受けていると思われます。

少し前までYouTubeにこちらの曲をハチさん本人がニコニコ動画の企画か何かでスタジオライブ的にやっていた映像がアップされていたのですが、現在は削除されてしまったようですね。。

20歳くらいの彼の歌声と現在の米津玄師としての歌を聴き比べると、歌の上達の幅が分かりやすく見えるので、すごくファンの方には見てもらいたいのですが無くなってしまったのはもったいない…。

ワンダーランドと羊の歌のギターコード

ギターコードはいつもの見やすいU-フレットからです!

http://www.ufret.jp/song.php?data=4389

カポを2フレットに付けての演奏をおすすめしていますが、個人的にはそんなに変わらないと思うので、特にカポを付けないで原曲キーのまま弾いてもいいんじゃないかなぁ…と思います。

サビのコードの移り変わりが激しいですが、ここまで頻繁に全部変えなくても大丈夫なので、「明らかにここは弾かないと不自然だ」というコード以外は一旦無視して練習してもいいでしょう。

また、バンドサウンドでの演奏も可能なので、参考にこちらの弾いてみた動画もアップしておきます。

ワンダーランドと羊の歌_歌詞の意味・解釈

ワンダーランドと羊の歌は、サウンドの割に実はちょっぴり暗めな内容が歌詞から読み取れる曲なのです。

また、「神様と林檎雨」と世界観をつなげて考える場面も多く出てきますので、もしこちらの曲をまだ聞いたことのない人は先に聞いてからの方が解釈がしっくり理解できるかと思います。

それでは早速、歌詞解釈をしていきましょう!

ワンダーランドと羊の歌_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

なんでもない様な顔して犬

ご機嫌損ねてる「バウワウ」と

今日は レイニイデイ

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

街中の犬が普通の顔をしてるけど、鳴き声だけ聞くと機嫌を損ねているようだという不思議な曲のスタートとなっています。

まるで「大丈夫」と口では言っているけれど、心の中では本当は「平穏でなく、大丈夫じゃない」という現代の多くの日本人のように見えますね。

また、レイニイということで、この曲の設定として雨の日なようです。

いきなりメロディとは対称的に憂鬱な感じのスタートですね!

ワンダーランドと羊の歌_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

屋根の上で少女が泣き濡れては

林檎飴を舐めて空を見た

今日は レイニイデイ

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

屋根の上で少女が林檎飴を舐めている様子は「OFFICIAL ORANGE」に収録されている「神様と林檎飴」の歌詞とほぼ同じなので、この世界と「神様と林檎飴」の世界は繋がっているものだと考えられます。

あちらの世界も雨が降っていましたので、おそらく十中八九そうでしょう。

この少女はかなりネガティブな存在ですが、今回の曲ではそのネガティブさをある種のアイコンにして、多くの人が意外とそのネガティブさを持っているという前提で話が進められていきます。

なので、先ほどの犬の解釈もこれに即していると考えると、先ほどの解釈はかなり真っ当に見えてきますね。

ワンダーランドと羊の歌_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

カンテラ持って歌うたって

明日の準備を拵えて

賛美の言葉唱えようぜ

ほらハイネリィランラ

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

PVを見る限り冒険をする主人公なので、暗いところを明るく照らすカンテラを持っているようです(ポケットから取り出すのは無理があるだろうとも思いつつ…)。

主人公はこの明かりで先ほどのネガティブさを照らすのでしょう。

そして、次の日の冒険の準備をしながら、”ハイネリィランラ”という主人公オリジナルのおまじないのような言葉を口にします。

賛美の言葉というくらいなので、主人公は相当ポジティブな存在としてこの曲では機能しています。

ワンダーランドと羊の歌_1番Bメロ後半歌詞の意味・解釈

魚の面で歌うたって

有刺鉄線を飛び越えて

遊ぼうぜ、笑おうぜ!

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

魚の面はPVで2人の少年(少女?)がつけていた仮面のことでしょうか。

魚は表情が変わらないので、おそらく最初の犬の歌詞で解釈した「顔は変わらないけど心は不穏」という意味合いでここでは使われているのでしょう。

有刺鉄線は街の壁などに誰も登れないよう棘を柵に敷いているやつですね。それすら跳び越えて冒険をしようと主人公はワクワクを抑えられない様子です。

ワンダーランドと羊の歌_1番サビ歌詞の意味・解釈

くだらない愛を歌う この街の中

明りを灯せば何にもない

1,2,3,4,5,ほら合図で君に会いに行こう

新しい灯を迎えに行こう

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

今までの解釈を元にすると、「たとえ自分が大丈夫じゃなくても我慢しろ。それがお前のためになるから」という古い慣習的な無駄にお節介な気持ちが「くだらない愛」なのだと捉えることができます。

結局その言葉に光を当てた時に、意味があるのかというとやはり意味がない。

なので、明かりを灯したところで「何もない」というようにサビでは歌われているのでしょう。

 

ただ、これ、下記のようにもう1つ解釈をすることもできます。

くだらない愛とは「相手のことを思わずとも愛していると声にすること」だとすると、昨今のメジャーミュージックに見受けられる恋愛要素たっぷりの楽曲が蔓延る現在の日本の音楽シーンをここで歌詞にしているように解釈することができます。

そのまやかしの愛に明りを灯す(=目をやる)と、当然ですが誰に伝えているかも分からない薄っぺらい愛なので”何もない”とハチさんは表現している訳ですね。

だからこそ、主人公は新しい灯(=きちんと作り込まれた楽曲)を望んでいるというメッセージになっているんじゃないかなと推測しています。

どちらの解釈でもいけそうなので、お好きな方で意味を考察してみてください!

ワンダーランドと羊の歌_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

何て名前かも忘れてまた

赤電話が鳴り「フワウワウ」と

今日も レイニイデイ

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

電話が鳴るものの、電話口の相手が分からず「フワウワウ」というぼやけた呼び方で相手のことを呼んでいるのが分かります。

まるで「眩暈電話」みたいな歌詞ですね。

眩暈電話も主人公がかなり鬱屈としてネガティブだったので、もしかしたらそれをオマージュしているのかもしれません。

ワンダーランドと羊の歌_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

煙草の煙濡れちゃってまた

噎せ返る路地裏去って歩いていった

レイニイデイ

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

雨が降っているので湿気ってしまいうまく火がつかず、変に煙草の煙を吸うことになって噎せ返ってしまい、路地裏から去って行ってしまいます。

これは1番の流れを汲んで解釈すると「何かをしようとしても上手くいかずにすぐ諦めてしまう現代日本人」を指しているように読み取れます。

楽曲で一貫して何を言いたいかが明確になってきましたね。

ワンダーランドと羊の歌_2番Bメロ前半歌詞の意味・解釈

アンテナ立ったらもういいかい?

商店街から顔出して

泣いてる子には唱えようぜ

ほらハイネリィランラ

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

アンテナは「ポジティブなもの」に対するアンテナで、商店街は「世の中」のことなのかなと。世間一般の人の中でネガティブなところから脱しようとする気持ちがある人たちを意味しているように捉えることができます。

そして、さっきの1番Bメロでも出てきたおまじないを泣いている子にかけていますね。

ここでいう「泣いている子」は言わずもがなネガティブな存在全てを指すので、1番の少女もそうですし、煙草で噎せ返っていた人もそうでしょう。

ワンダーランドと羊の歌_2番Bメロ後半歌詞の意味・解釈

「さよなら」ばっかり詰め込んで

二律背反を背負い込んで

泣かないで 揺れないで

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

「良い」・「悪い」や「正解」・「不正解」のようなもので割り切れるものばかりでないけれど、世の中に生きている人の大半はこのようにあらゆる事に対して○やXをつけようとします。

主人公はそれを二律背反とし、目の前の相手はその物事に対する二律背反があった時に全てに「悪い」「不正解」という反応をするので、ここでいう「さよなら」は、全ての事柄にネガティブな反応をすることを指していると解釈できます。

なぜそのような反応をするのか?

この目の前の相手は、おそらく「世の中の多くの人(1番Bメロの少女)」を指していて、その人たちの多くは色々な物事に対して否定的で「チャレンジするよりも現状のままがいい」「その選択は不正解だ」などの言葉を口にします。

ただ、心のどこかではそのチャレンジする選択肢に憧れていて、自分の頭と心のギャップに悩んでいる。

だからこそ、主人公からしたらそんな人たちには泣かないでほしいし、揺れないで自分の思いを強く持ってほしい、というわけですね。

ワンダーランドと羊の歌_2番サビ歌詞の意味・解釈

右手の上で回る地球儀を

左手の灯で照らそうか

空の色が変わる その時に

胸に残るのは 君の事

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

1番サビで解釈したことを元にすると、カンテラの灯で現在の地球を照らすというのは、既存のありふれた薄っぺらい楽曲でなく、想いがしっかりと込められた曲で世界を照らしていこうじゃないかというように意味を読み取っていくことができます。

そして、灯りを世界に照らした際に空の色が灯りのせいで変わるので、その時にやっと相手のことを胸にイメージすることができると。

おそらくですが、この明るさで1番Aメロで出てきた少女の心も照らしているのかもしれません。

その辺りの関連性はまた曲の後半で。。

ワンダーランドと羊の歌_Cメロ歌詞の意味・解釈

雨宿り駄菓子屋で

神様の帰りを待った

さぁ、歌おうか 羊の歌!

君の手の そのカンテラが

全てを照らす 太陽なんだ

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほどの1番Bメロと同様に、ここの雨宿りと神様が完全に同じ「OFFICIAL ORANGE」に収録されている「神様と林檎飴」の歌詞とリンクしているんですよね…。

PVもここの場面で猫の神様のような生物が山をバックに佇んでいるので、おそらくこれは意図しているのではないかなと思われます。

そして、雨宿りが終わった後、羊の歌とカンテラの明かりこそがこの雨と憂鬱さを跳ね返すものだと主人公は強く歌っているので、そう考えると猫の神様は「ネガティブな存在」なのかなとも捉えることができますが、「神様と林檎飴」の歌詞的には割とポジティブな存在なんですよね。。

神様にすらさっきの二律背反の意味を込めているのかどうなのか、といった感じで解釈が割るところな気がします。

さて、完全に余談ですが、駄菓子屋と聞くと米津ファンならdioramaに収録されている「駄菓子屋商売」が頭をよぎりますね(笑)

ワンダーランドと羊の歌_大サビ前半歌詞の意味・解釈

君が歌を歌う この街の中

明りを灯せ 素敵な事

1,2,3,4,5,ほら合図で君に会いに行こう

新しい灯を迎えに行こう

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ついに、落ち込んでいた「君」が今度は歌を歌い、街に明かりを灯します。

1番で「神様と林檎飴」の少女が出てきているので、こちらの世界から見れば、神様から「泣くな、また歌え」と言われた少女がまた歌い出したというようにも見えるでしょう。

後半の歌詞は1番サビと同じなので解釈は同じように捉えてもらうので問題ないかなと思われます。

ワンダーランドと羊の歌_大サビ後半歌詞の意味・解釈

トンネルの先には 何がある?

街の外に踏み出して行く

1,2,3,4,5,ほら合図で君に会いに行こう

新しい灯を迎えに行こう

(出典: ワンダーランドと羊の歌 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

ここのトンネルはPVの絵的にも、どうしても「千と千尋の神隠し」のラストのシーンを思い出してしまいますね。。

冒険を続ける主人公が街に新しい明かりを灯せたので、また新しい街へと旅立っていく様子が伺えます。

こうして、主人公は世界を少しずつ明るく照らして、ペラペラな薄い愛でなく”本当の愛”を歌う曲で世界を満たそうと旅をし続けるのでしょう。

ここのサビだけ最後の1行のメロディが高い音になっているのも、締めのメロディとしては最高ですね。最後の最後の盛り上がりでリスナーに高揚感を与えることに成功しています。

まとめ|ワンダーランドと羊の歌の歌詞の意味を解釈・考察

ワンダーランドと羊の歌の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

ポップで平和な曲のように見えて、がっつりハチさんの根底の思考が練りこまれた楽曲となっていましたね。

米津玄師名義の楽曲も解釈していくとこういった曲が多かったりするので、曲を聞いているとどこか応援されている気持ちになるというファンが多いというのも納得ですね!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチP/米津玄師】砂の惑星の歌詞・PVの意味を解釈・考察

【ハチP/米津玄師】WORLD’S END UMBRELLAの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師がかいじゅうずかんに込めた想い】loveの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

米津玄師のファッションブランドを全部リストにしてみた

米津玄師の障害・病気「高機能性自閉症」と「うつ病」の症状をガッツリまとめてみた

 


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】