【米津玄師】【心の弱さを串刺しに】WOODEN DOLLの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

「WOODEN DOLL」、アルバムの中で1番聴いている側の心を抉ってくる歌詞となっているのですが、その真意を理解できている人は意外と少ないようです。。

そこで、今回はタイトルの意味も加味しつつ、この曲の歌詞を徹底的に解釈して行こうと思います!

WOODEN DOLLの曲にまつわる情報

WOODEN DOLLは2ndアルバム「YANKEE」に収録されているアルバム曲の1つで8分の6拍子の速い速度感を持ちながらも、誰もの心の琴線に触れるような重厚感のある歌詞が特徴の人気ナンバーです。

木琴のような音が聞こえてきたりとアコースティックな曲調が印象的ですね。

YANKEE [ 米津玄師 ]

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=QA_p90T6oy4)

WOODEN DOLLのPV

PVですが、Youtubeから出ているこミュージックビデオがこちら!

WOODEN DOLLのPVは、巨大な木の人形を燃やしている様子を背に米津さんがギターを弾きながらカメラに歌うという映像になっています。

おそらくこの木の人形はPVを見る限り「ガラクタ」でできているので、そのガラクタでできている自分という存在に対して火をつける(=自責で自分を痛めつける)というコンセプトの元つくられたPVだと思って間違いないでしょう。

いやー、WOODEN DOLL、PVからして色々と深いですね。。

WOODEN DOLLのギターコード

ギターコードはこちら!

https://ja.chordwiki.org/wiki/WOODEN+DOLL

WOODEN DOLLは先ほども書いたように4拍子ではないので、初心者の人は弾きながら歌うのがかなり難しいかもしれません。しかも言葉数も多いし、リズムとメロディのタイミング合っているわけではないので、なおさら弾き語りが難しい…。

コード自体はそこまで難しくないので、ぜひ気長に練習してみてください!

だっちさんの弾き語り動画は相当この点クオリティー高く演奏されているので、こちらを参考にしてみるといいかもしれません(コードストロークが中々に速いので大変かもしれませんが…)。

WOODEN DOLLのインタビュー記事

インタビューはこちら!

WOODEN DOLL、意外とインタビュー記事で話題に上がらないんですね。。

書籍ですがrockin’onなどではなかなか深いところを突いた歌詞だと米津さん本人が言っていた記憶があるのですが、ネットの記事だとそこまで取り上げてはないようです。

主に収録アルバムYANKEEの記事ですが、ぜひご覧ください!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/yonezukenshi04/page/2

・EMTG MUSIC

http://music.emtg.jp/special/20140403791690bb3

 

WOODEN DOLLの歌詞の意味を解釈・考察

さて、WOODEN DOLLは日本語訳をすると「木偶の坊(でくのぼう)」という意味になります。木偶の坊は「役に立たない・気が利かない人、または人形のように言いなりになる様」を表す言葉。

このWOODEN DOLLをタイトルに持ってきているというところから考えてどのような歌を歌っていくのかを歌詞から紐解いていきました。

この歌は、結論として「プライドが高く頭もいいけれど行動力・責任感の無い人」「口先だけの人」を歌っている歌でした。

なぜそのような解釈になるのか、日常生活の中で、「結局、この人って口ばかりで役に立っていないよね。」と言われてしまう人を頭に思い浮かべながら歌詞を見ていってください。

誰のどんな心を描いているのかがクリアに分かります。

 

WOODEN DOLL_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

さあ、心の向こうへ行こうぜ チンドン屋の行列に絡まって

もう、ありとあらゆる不幸を 吸い込んだような顔してないで

ああ、恐ろしいことばっかだ 楽しむことさえもそう

もう、後になって思い出に ぶん殴られるのが嫌なんだ

(出典: WOODEN DOLL 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分の嫌なところばかりを見つめている人が主人公のようです。

チンドン屋は、派手な衣装などを身につけてその地域の特産物などを宣伝するために街を練り歩く商売人のこと。

先ほど書いたように主人公はプライドが高いのですが、自分のプライドの高さがゆえに「何かをして失敗をするのが怖い・恥ずかしい」という気持ちを強く持っています。

チンドン屋の特徴からして、この主人公がチンドン屋に入ることはまず無いはずですが、その恥ずかしさを乗り越えていこうというのが「心の向こうへ行こう」という歌詞に出てくるわけです。

さらに「あとになって思い出にぶん殴られる」という表現。

ここの歌詞の意味としては、「自分がやってしまったミス」の思い出に後々で「なんであの時あんなことをしてしまったんだ…」と後悔する意味合いが込められています。

WOODEN DOLL_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

絶望や諦観がどれほどの痛みを生むのか

他の誰かにわからない あなただけが正しさを持っている

(出典: WOODEN DOLL 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

人生における辛さや苦しみは、当の本人にしか分からない。だからこそ、自分の心が感じた通りの苦しみは誰か尺度を持って決めるのではなく、あくまで自分目線で「正しい」と言える、といった解釈です。

誰かが「そんなの苦しくないよ」と言っても、本人が「苦しい」と思ったら苦しいということですね。

この曲、2番のサビで出てくるのですが主人公は嘘に嘘をつき重ねる人なんですね。だから、普通に考えたらこの「苦しい」も周りからしたら「嘘でしょ?」ってなるはずなんですけど、あえてここで「いや、君は正しい。嘘じゃないと思う。」っていう”信じる”っていう行動を取られると、主人公からすると「え、こんな自分を信じてくれる人がいるの?」と感じるわけですね。

米津さんが「人が何をされたらどういう気持ちになるのか」を深く理解していることがよく分かります。

WOODEN DOLL_1番サビ歌詞の意味・解釈

ちゃんと話してよ 大きな声で さあ目を開いて わっはっはは

自分嫌いのあなたのことを 愛する僕も嫌いなの?

いつだってそうだ 心臓の奥で 誰彼彼も見下しては

見下される恐ろしさに 苛まれて動けずに

(出典: WOODEN DOLL 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

自分の考えを口にできない主人公に対し、「ちゃんと話してよ」「自分を愛してくれる人すらも嫌いなの?」と寄り添います。

この「自分嫌いのあなたのことを愛する僕も嫌いなの?」という一節は、主人公からしたら「本当は愛してくれて嬉しい。

けど、どこかそれを求めていたはずなのに自分の気持ちを見透かされているようで素直に受け取るのが恥ずかしい」、そんな気持ちになっているような風景が浮かびます。

さらに畳み掛けるように、Bメロで描いていた「自分の意見を言った時に周りから煙たがられてしまう様子」を受けて、「誰彼彼〜動けずに」の歌詞が続きます。

「本当の意見を言わないのは、下手なことを言ったら周りから嫌われてしまうから。

でも、心の中の自分の意見としてはそんな周りの意見が低俗なもので、自分よりも考えが浅はかだ」という、閉鎖された社会で空気を読んで自分を殺してしまう人の心の図星をついた一節です。

WOODEN DOLL_2番Aメロ歌詞の意味・解釈

もう、黙り込んだ方がお得だ 否定されるくらいなら

その内に気づくんだ 何も言えない自分に

(出典: WOODEN DOLL 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

何かを口にすると言葉に責任を持たなければならないし、かといって意見を否定されると自分のプライドが傷ついてしまう。

「だから口を閉ざして何も言わない方が楽だ!」と思っていたら、いつの間にか周りの顔色ばかりを伺って何も言えなくなってしまっている自分に気づいて嫌気が差す。

そんな歌詞が2番Aメロではないでしょうか?主人公の心の描写が本当に細かいですし、リアリティがものすごいので「あ、自分のことを歌っているのかも…」と図星をさされてしまうような気持ちになる方も多いのではないでしょうか?

WOODEN DOLL_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

愛情や友情はあなたがいくら疑えど

一方的に与えられて あなたが決められるものじゃないや

(出典: WOODEN DOLL 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

相手から優しくされた時に「これは本当に信じていいものなのか?愛情や友情という餌を与えて、最終的に自分を騙して得をしようとしてるのではないか?」と疑っている主人公に対し、「それはもらった側が決めるのでなく、愛情や友情を渡す方が決めることだよ」と諭しています。

心のどこかで相手のことを常に疑い続けている過去が僕自身あったので、非常にこの歌詞はグッと来るものがありましたね…。

 

WOODEN DOLL_2番サビ歌詞の意味・解釈

ちゃんと笑ってよ カウチにかけて お腹抱えて わっはっはは

そんな寂しいこと言わないでよ さも知ったげにも俯いてさ

真っ赤っかな嘘 撒き散らしては 嘘に嘘つき塗り重ね

どうにもならず追い込まれて 傷つく前に逃げ出して

(出典: WOODEN DOLL 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

1行目は1番の歌詞と同じ構造ですね、相手に「もっと気楽になって、まわりを気にせずに感情を出しなよ。わっはっははって感じでさ。」と寄り添ってくれます。

(ちなみに歌詞に出てくる”カウチ”とはソファのことです。)

続く「そんな寂しいこと言わないでよ」はきっと、「あんたなんて私の気持ちが全然分かっていない」と主人公が言ったのを受けての言葉でしょう。

 

この次の2行は卑怯なこと・言い訳をしてしまう人の心の芯をえぐるような言葉ですね。

「嘘をついたらずっと嘘をつき続けなくてはならなくなってしまう。そして、嘘をつきすぎると最後の方で話に矛盾が生じて逃げ場がなくなってしまい、音信不通になったり仮病を使ったりして逃げてしまう」。

きっとそんな汚い心の内側を描いているのでしょう、恐るべし米津さん。

WOODEN DOLL_Cメロ歌詞の意味・解釈

あなたが思うほどあなたは悪くない 誰かのせいってこともきっとある

痛みを呪うのをやめろとは言わないよ それはもうあなたの一部だろ

でもね、失くしたものにしか目を向けてないけど

誰かがくれたもの数えたことある?

忘れてしまったなら 無理にでも思い出して

じゃないと僕は悲しいや

(出典: WOODEN DOLL 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

このCメロの歌詞はこの曲の中で一番重要です。なぜなら、米津さんの気持ち・メッセージがストレートに詰まっているから。

おそらく米津さん自身の生い立ちや性格なども垣間見えると思っています。

「あなたが思うほど悪くない 誰かのせいってこともきっとある」は、様々な辛い状況下の中で、「こんな状況になってしまったのは自分が昔にこういうことをしてしまったからだ。こういう性格になってしまったからだ。だから自分が悪い」と思う主人公に対して、「いやいや、別に君はそうなりたくてなったわけじゃないだろう?家族や友人の影響なんかもあったはずで、一概に全部が全部、君のせいとは言えないよ」と寄り添います。

その「自分のせい・誰かのせい」ということを考える苦しみが「呪う」ことだといい、それすらも止めはしないと主人公を肯定します。

しかしここから、「でもね」と本質に迫っていきます。

「無くしたものばかり(=自分になくて周りが持っているもの)でなくて、誰かがくれたものを考えたことはある?忘れたなら無理にでも思い出してよ」と、今までに他者からもらった愛があるからこそ、今の君の良さがあると語りかけるこの部分が非常に本質的です。

人間はそれぞれ73億通りの生き方があって、それぞれの良いところと悪いところは二面性のようにある。自分が嫌いだと卑下している君だからこその良さもあって、その良さは君が今まで受けてきた色んな人からの影響によるものであると、普遍的な真理をここで米津さんは描いています。

最後に「じゃないと僕は悲しい」と添えていますが、この悲しいは「君の良さを知って、その面を好きになって信じているのに、それすらも嘘なのか?信じて騙されたのなら悲しいな」という意味合いでしょう。

「本当の優しさ」をここまでリアルに描いた歌詞は見たことがなく、筆者自身の米津さんの好きな歌詞ランキングがあれば堂々の1位です。(個人的な感想ですみません。)

WOODEN DOLL_ラストサビ歌詞の意味・解釈

ちゃんと話してよ 大きな声で さあ目を開いて わっはっはは

自分嫌いのあなたのことを 愛する僕も嫌いなの?

いつだってそうだ 心臓の奥で 誰彼彼も見下しては

見下される恐ろしさに苛まれて動けずに

どこにもないと泣く前にさ

目の前の僕をちゃんと見つめてよ

(出典: WOODEN DOLL 作詞:米津玄師 作曲:米津玄師)

最初の部分は1番サビの歌詞の繰り返しです。そして、最後の2行が新しく入った歌詞です。

「どこにもない」は主人公の中の「私は何もできない、どうしようもない。自分から意見も言えなければ、行動にも移せない。」と絶望して泣いているのに対し、「そんなことを言っている君の目の前には、君を信じる僕がいるよ。」と厳しくも寄り添います。

これは逆を返すと「目の前の僕の信頼を踏みにじらないように、君だったらきっと行動を起こしてくれるよね?」という想いも感じられる一節となっていて、最後の最後にまたグッとくる歌詞を書くなぁと感慨深くなってしまいます。

まとめ|WOODEN DOLLの歌詞の意味を解釈・考察

WOODEN DOLLの歌詞の意味を紐解いていきましたが、いかがだったでしょうか?

主人公のような人はどこにでもたくさんいると思います。特に若い世代だとこのような挫折に近い感覚に陥る人は多いかと。

WOODEN DOLLはそのような人を比喩していつつも、決して馬鹿にしているのではなく、その人を信じて認めた上で「いつまでもWOODEN DOLLのままで君はきっといないよね?」と米津さんはエールを送っているのでしょう。

米津さんが雑誌のインタビューで「最初は聞き手を突き詰めるナイフのような曲だったけれど、誰かを救う歌にしたいと思ったから結果的に”肯定的な歌”になった」と言っていました。

本当にこの曲は個人的にも心の痛いところを突かれながらも、「でもそんな君でも大丈夫」と言って心を支えてくれた曲の1つでもあるので、思い入れの強い曲で歌詞解釈もスラスラと書いていくことができました。

 

↓こちらの歌詞解釈記事もよく読まれています!↓

【米津玄師流、憂鬱の料理法】メランコリーキッチンの歌詞の意味を解釈・考察

【米津玄師】サンタマリアの歌詞の意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【徹底分析】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

 


YANKEE [ 米津玄師 ]