【ハチP】WORLD’S END UMBRELLAの歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

WORLD’S END UMBRELLAの曲にまつわる情報

WORLD’S END UMBRELLAは、ハチPの1stアルバムである『花束と水葬』に収録されている楽曲で、PVも制作されているハチPの人気楽曲です。


花束と水葬 [ ハチ ]

世界観がはっきりしていて、歌詞に沿ってPVも制作されているので、リスナーの人にとって非常に分かりやすい楽曲になっているのではないでしょうか?

(サムネイル画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=GlBWvRslL2c)

WORLD’S END UMBRELLAのPV

PVは南方研究所が制作しており、「clock lock works」「砂の惑星」「ワンダーランドと羊の歌」などと同様に非常にクオリティの高いアニメPVとなっています。

WORLD’S END UMBRELLAのギターコード

WORLD’S END UMBRELLAはボカロ曲で少し古めな感じの曲なので、UフレットにはなくChordwikiから持ってきました!

https://ja.chordwiki.org/wiki/WORLDS+END+UMBRELLA

C#,A,B,Eの王道のコード進行の楽曲で、BPMも90程度とかなり遅いので初心者でも弾き語りがしやすい楽曲と言えるでしょう。

なんと、YouTubeにギターの弾いてみた動画がなかったため、今回はベースの弾いてみた動画となります。。なかなかギターで演奏するような曲でもないんですかね。

 

WORLD’S END UMBRELLAのインタビュー記事

この曲の制作背景というわけではないですが、初音ミク生誕10周年記念インタビューで、ハチP(米津玄師)とryoの2大ボカロPが対談をし、その中でryoが「ハチPの中で一番好き」と言っているのがこのWORLD’S END UMBRELLAでした。

他にも様々な内容でインタビューがされているので、ぜひこちらのインタビュー記事はボカロファンであれば全編読んでおきたいところですね!

・ナタリーミュージック

https://natalie.mu/music/pp/hachi_ryo/page/2

WORLD’S END UMBRELLAの歌詞の意味を解釈・考察

この曲は、ハチPの曲紹介の文章として以下の文章が動画に添えられています。

地を覆う大きな傘。

中央に塔が一本建ち、それが機械の塊を支えている。

当然 真下にある集落には陽が当たらず、機械の隙間から漏れる「雨」に苛まれている。

人々は疑わない。

それが当たり前だったから。

何て事はない。

ただの「掟」なのだから。

(出典:https://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/8608.html)

この歌詞を元にした世界観を前提に置いておくと理解がしやすいです。

街の中心にある傘があるおかげで世界は回っているが、それのせいで同時に陽が当たらないというジレンマがあるようですが、一般的な街の住人はその感覚が至って当たり前であるために、この状況に疑問を持つことは無いようです。

では、この世界観を元に歌詞をじっくりと解釈していきましょう!

WORLD’S END UMBRELLA_1番Aメロ歌詞の意味・解釈

あの傘が騙した日 空が泣いていた

街は盲目で 疑わない

君はその傘に 向けて唾を吐き

雨に沈んでく サイレンと

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

傘によって世界が覆われてしまっている様子を「騙した」と表現しています。太陽を騙して雨を降らせ続けているかのような雰囲気ですね。

続く、「街は盲目で疑わない」は、紹介文にあったように街の住人がこの傘があることと雨が降る日々が普通であるという意味合いの歌詞でしょう。

そんな傘に対してクソッタレと唾を吐いて、この傘をなんとかしようとしているのが主人公の目の前にいる「君」という存在です。

サイレンの意味合いはここではまだよくわからないので、一旦は置いておきます。

WORLD’S END UMBRELLA_1番Bメロ歌詞の意味・解釈

誰の声も聞かずに

彼は雨を掴み

私の手をとりあの傘へ

走るの

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

唾を吐いた彼は誰にも聞かずに、主人公の手を引いてそのまま傘へと走っていく様子が描かれています。

雨を掴むという表現がまたいいですね、掴むに掴めないはずのものを掴もうとするところに、その彼のやる気のようなものを感じます。

WORLD’S END UMBRELLA_1番サビ歌詞の意味・解釈

二人きりの 約束をした

「絵本の中に見つけた空を見に行こう」

刹那 雨さえも引き裂いて

もう 悲しむ事も 忘れたまま

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

どうやら2人は、傘に隠された太陽の存在は絵本の中ででしか見たことがないようです。これで、このWORLD’S END UMBRELLAが「傘を越えて晴れた空を見つけにストーリー」であることがここの歌詞でわかりました。

また、主人公が悲しんでいることもここでやっと分かるのですが、この悲しみが傘を越えようとしていることから、おそらくは「傘が太陽を隠していること」による悲しみだと思われます。

この頃のハチPの楽曲の童話感は本当に目を見張るものがありますよね、ストーリーがたとえPV無しでもくっきりと脳裏に浮かんできます。

WORLD’S END UMBRELLA_2番前半Aメロ歌詞の意味・解釈

崩れ出し 何処へ行く 螺旋階段は

煤けて響いた 滴り雨

泣きそうな 私を そっと慰める様に

君は優しく 私の手を

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

塔のようになっている傘の内部の螺旋階段はどんどんと崩れ出し、古びた内部にはピトッピトッと雨が滴り落ちているようです。(ちなみに「煤けて」は「すすけて」と読みます。)

ハチPお得意のこうした細かい風景描写が、リスナーの頭の中を世界観でいっぱいにするんですよね…。

歌詞の後半は、巨大な傘の塔を登り切ることに対して不安を覚える主人公を、「君」は優しく引っ張っていく様子が歌詞になっています。

不安そうにしていることや1番Aメロでサイレンが鳴っていたことを鑑みると、本当は人がこの塔を登ることは禁じられているのかもしれませんね。

WORLD’S END UMBRELLA_2番Bメロ歌詞の意味・解釈

白い影に追われて

逃げた先に檻の群

理由(わけ)を探す暇も無く

気も無く

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

「白い影に追われて」、とあるのでおそらく先ほどの推測は合っているのでしょう。何か追手のような存在がこの塔の中にはいるようです

そして、逃げた先には檻がいっぱいで塞がっているという風景描写。

そんなしっちゃかめっちゃかな危機的状況の連続を前に、どうして塔に登っているのかという問いかけをされても、その理由はもはや探す時間も気も無いという焦燥感的なものがこのBメロからは伝わってきますね。

WORLD’S END UMBRELLA_2番サビ歌詞の意味・解釈

震えた手を 君が支えて

私はそんな背中を ただ見守るの

闇に溶けた 歯車は笑う

ホラ 微かに風が 頬を撫でる

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

主人公は相変わらず塔を進むことに対して怯えていて、それを引っ張る「君」の背中を下から見ている様子が描かれています。

このパートの歌詞の「歯車が笑う」という表現が本当にいいですよね、、世界観が一気に醸し出される擬人法です。

そして、ついに塔の内部にいるにもかかわらず外の風が頬を撫でるという表現が出てきたので、もう少しでこの2人は外に出ることができるということが分かります。

WORLD’S END UMBRELLA_Cメロ歌詞の意味・解釈

白い影はもう追ってこなくて

とても悲しそうに消えた

錆びた匂いも煤けた黒さえも

やがて色を淡く変え

何処からか声が聞こえた様な

気がした様な 忘れた様な

螺旋階段の突き当たりには

とても小さな扉が

埃を纏い待っていた

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

追手の白い影はいなくなり、ダークな印象を出していた「錆びた匂い」も「煤けた黒色」も淡い色に変化していったようです。

そしてついに塔の上層部にたどり着き、そこには何年も誰にも開けられずにいた小さな扉が埃を被って待っていたことが描かれています。

この歌詞の中で少し謎なのが「何処からか声が聞こえたような」という部分です。この声の主はWORLD’S END UMBRELLAには明確には書かれていませんが、個人的な推測としては、かつて主人公たちと同じようにこの塔を登ろうとした祖先のような人たちの幽霊(精霊?)的な存在なのかなと思っています。

そうであれば「あともう少しで頂上だよ」というメッセージを彼らが主人公たちに送っているように解釈をすることができ、ここの歌詞に整合性が見えてくるからです。

このまま一気に最後の曲後半部分へと進んでいきます。

WORLD’S END UMBRELLA_大サビ歌詞の意味・解釈

そこには 何もかもがある様に見えた

色とりどりに咲いた花 深い青空

滲んだ世界に二人きり

もう何もいらないわ

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

扉を開けると、その傘の上には綺麗な青空に色とりどりの花が咲いていました。

「滲んだ世界」に関して、もしかしたら「虹」という意味もこの歌詞にかけているのではないかなと推測しています。(雨からの晴れなので)

そんな素晴らしい風景に二人でいれるのであれば、もうこれ以上何も望まなくてもいいという大変幸せな心情描写がされている歌詞を残し、ラストサビへと進んでいきます。

WORLD’S END UMBRELLA_ラストサビ歌詞の意味・解釈

絵本の中 とじ込んだ空を

在るべき場所に返した 忘れない様に

君がくれた 拙い花束を

笑いながら そっと肩を寄せた

世界の最後に傘を差す

ずっとこんな世界ならば よかったのに

悲しくないわ 君の側で…

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほどの絵本通りの綺麗な空を目の当たりにし(=在るべき場所に返した)、そこに咲いている花をその場で摘んで花束にして、「君」が主人公にその花束を渡している様子がここの歌詞から伺えます。

「世界の最後に傘を差す」という表現が、そのまま曲名のWORLD’S END UMBRELLAに紐付いていますが、この歌詞の意味を考えると、いきなり「世界の最後」という言葉が出てくることをまず解釈しなければなりません。

これはおそらくですが、塔の頂上に登って扉を開けたことで、傘の塔が崩れて世界は滅んでしまうことを表しているのではないかなと思っています。同時に、最後の最後で「晴れ」の風景に主人公たちが出会えたことを「傘を差す」というなんともいえない表現で表しているのではと。

すると、どんな世界でも「君」の側であれば、たとえ世界の終わりでも「悲しくはない」という主人公の気持ちを表す最後の歌詞もすんなりと理解することができます。

ここの部分は明確には歌詞になっておらず、解釈が別れそうな部分ですので、なかなか難しいところですね…。

WORLD’S END UMBRELLA_アウトロ歌詞の意味・解釈

花の咲いたその傘の上には

とても幸せそうな顔で

小さく眠る二人がいた

(出典: WORLD’S END UMBRELLA 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

傘の上に辿り着いて疲れ果てた2人は幸せそうな顔で小さく眠っていたという、穏やかで微笑ましい様子が曲の締めくくりとして描かれています。この箇所はPVでも歌詞通りに表現されていて、とても見ていて感動的な気持ちになりますね。

ただ、先ほどの解釈が合っているとすると、この2人はそのまま塔の崩壊と共に死んでしまうので、その点においてはかなり悲しいストーリーを孕んでいるようにも見え、曲の最後が切ない終わり方にも捉えられてきます。

まとめ_WORLD’S END UMBRELLAの歌詞の意味を解釈・考察

WORLD’S END UMBRELLAの歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

「傘」という存在を中心に、主人公たちが見たことのない景色を見に行くという大変分かりやすくも不思議な世界観が込められた歌詞となっていました。

この頃で言えば、演劇テレプシコーラなども似たようにストーリー性の高いボカロ楽曲となっているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

 

↓他の人気記事はこちら!↓

【ハチ/米津玄師】clock lock worksの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP】ワンダーランドと羊の歌の歌詞・PVの意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

米津玄師が影響を受けたアーティストから見る音楽のルーツ

米津玄師とハチは同一人物だけど「楽曲・歌詞のつくり」がどこか違う?

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

 


花束と水葬 [ ハチ ]