【ハチ/米津玄師】遊園市街の歌詞の意味を解釈・考察

2018年6月28日

遊園市街の曲にまつわる情報

遊園市街は、ハチP(米津玄師)さんのボカロ曲アルバム「OFFICIAL ORANGE」に収録されている史上初のハチP本人の歌声で歌われた楽曲です!


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】

今までずっとボカロPとでしかキャリアを歩んでこなかった米津さんが始めて本人の肉声で歌を発表したのがこの遊園市街。

曲調は、ファンタジー感がありながらも自分のネガティブな感情を元に強く伝えたい事を伝えているものとなっていて、ファンの中にも根強く人気があります。

遊園市街のPV

残念ながら遊園市街のPVはありませんが、YouTubeにこちらの動画が落ちていて、自主制作のPVとボカロカバーだとは思いますが中々クオリティの高い出来となっているので、こちらを公式PV代わりに見てみてください!

米津さんが歌っているバージョンはOFFICIAL ORANGEを買うか借りるかダウンロードしないと聞けないのですが、こちらの動画であれば初音ミクの声バージョンで聞くことができるので、曲を聞くこと自体は可能となります。

遊園市街のギターコード

ChordWikiから遊園市街のギターコードを持ってきました!

https://ja.chordwiki.org/wiki/%E9%81%8A%E5%9C%92%E5%B8%82%E8%A1%97

この曲はC,G,D,Am,Emを主軸にしたコード進行となっていてとても簡単且つ、ゆっくりな曲なので、弾き語り初心者にもぴったりな楽曲となっています。

しかし、コードの動き方がすごくバンプっぽい感じがするのは僕だけでしょうか?(笑)

この曲はジャカジャカとコードを鳴らしながら歌えば変なリズムじゃない限りはストロークも難しくはないと思うので、ぜひチャレンジしてみてください!

遊園市街の歌詞の意味を解釈・考察

遊園市街は、その名の通り「遊園」的な「市街」のことです。この曲のコンセプトとなる「遊園」とは何なのか、「市街」とは何なのかに大きく二分しながら解釈していくと、この曲の本質にたどり着けるかと思いますので、ぜひこの点をチェックして読み進めてくださいませ!

それでは、曲解釈を始めていきます。

遊園市街_1番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

夜の底 海に落ちた 碧い影が ふらついて

街灯が垂らした涎 捨てられた街の中で

(出典: 遊園市街 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

夜の底のような深夜を表す表現は未だにNighthawksなどにも出てきますよね。

海の底で碧い影がふらつくのであれば、この影の主は米津さん自身だと解釈することができます。夜の底から街灯からの光を見上げると、涎のようにその光が伸びているかのように見えるが故の歌詞でしょうか。

この街はdioramaのアルバム全体が示している街でしょうか。街やviviなどにも街の歌詞が出てきますが、それともし同じであるならば、この街は様々な人が生きる世界=世の中と解釈することができます。

なんなら曲名も「遊園市”街”」ですからね。

遊園市街_1番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

くだらない嘘で笑わない?

間違いさえもないように

メリーゴーラウンド

溶けてくバニラ

埃まみれの兎たち

(出典: 遊園市街 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

一般の人と同じように、常識や詰め込み教育によって出来上がる「レールから外れない、失敗しない人生」を米津さんが辿ろうとしていないことからこの歌詞を書いたとするならば、この「くだらない嘘(=正解と比較した際の軽い誤り)」や「間違い」もないようにするという表現をそういった既存の考え方へのアンチテーゼ的に織り込んでいるのでしょう。

メリーゴーラウンドやアイスが溶ける情景描写は遊園地を表しています。

埃まみれのうさぎだけ、少し歌詞から浮いている気がしますが、これはまず埃まみれを使われていないという解釈に持っていきます。

そうすると続くサビ歌詞の観覧車もそういえば動いていないということに気づき、そこの共通点に考察の機があるのではと…!

その結果、個人的な解釈としてはそういうエンターテイメント的な要素がきちんと活用されていない不完全な状態だという解釈にいたりました。

そして、そのエンターテイメントの比喩はある意味、アーティストでエンターテイナーである米津さん自身の比喩にもなるかと思います。

遊園市街_1番サビ歌詞の意味・解釈

もう動かない観覧車 その中で君は泣いた

吐き出しそうに歌っている 空が溶け出すその前に ねぇ

(出典: 遊園市街 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほどのBメロの解釈をそのままに解釈を進めると、エンターテイメント性が損なわれた世界において、エンターテイメントをやろうと思っているorエンターテイメントが好きな目の前の子が涙を流しているように情景を解釈することができます。

また、吐き出しそうに歌っているのもそこに通じてはきますが、「溶け出す」という表現がやたらと繰り返されることに目が行きます。バニラも溶け出し、空も溶け出す。

これは、溶け出す(=不完全な存在になる)ということから、自分たちがやろうとしているエンターテイメントという範囲が受け入れられないことを婉曲的に表現している歌詞だと捉えられますね。

1番まででこの曲の骨子となるメッセージが理解できてきました。

遊園市街_2番Aメロ前半歌詞の意味・解釈

嘘みたい 弾ける灯 きっと頑丈にねじ込んで

呟いて 息を吐いて レールの上を歩いていく

(出典: 遊園市街 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

先ほどまで涎のようにだらっとした灯が、ここにきて弾けるようなものになったという歌詞かが1行目にきています。何かが反対になっていることが伺えますね。。灯りが何の比喩なのかはまだ確信を持っては分かりません。

2行目も同様にどこにねじ込むのかが書いておらず、この時点ではまだ不明瞭です。

後半は、呟いてため息をついてレールの上を歩く米津さんがそのまま脳裏に浮かびそうになる歌詞です。これはそのまま上記の情景描写として理解するのでもいいでしょう。

遊園市街_2番Aメロ後半歌詞の意味・解釈

蛙の目 塔に並んだ 亡霊の歌に飛び込んだ

なんでもいいと 君は揺れる 無理をしてる

(出典: 遊園市街 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

蛙の目が塔に並ぶというよく分からない歌詞が出てきました。

蛙の目は構造上、動いているものしか見えないという不思議な目となっています。すなわち、動かない観覧車で泣いているような存在の人には目もくれないということです。

つまりは、何度も繰り返しているような世間的な感覚とはズレた人が見えないのが世界の大多数、というのがこの蛙の目が塔に並んでいる歌詞の解釈になります。

亡霊の歌は、そんな自分たち(米津さんを含む)を亡霊と比喩して、自分が上記の想いを持ちながらも歌を作っているということを表現しているものだと推測することができます。

歌詞後半は、なんでもいいと言いながらも、それは実は無理をしていることがそのまま書かれている歌詞です。周りの人に合わせてなんでもいいと言いながらも、本当は何か自分の表現したい気持ちやモノがありそうですね。

結構パッと見だとよく分からない歌詞が2番は続きますが、深く考えれば段々と見えてきました…!

遊園市街_2番サビ歌詞の意味・解釈

輪郭さえも朧いだ ずっと二人でいようね

どこにも行けずに歌っている このままでいい 錆び付いて

(出典: 遊園市街 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

揺れる、溶ける、ときて次は朧ぐという世界がボヤけることを表現した言葉を持ってきています。こういうところからも、米津さんが本当にボキャブラリーが豊富なことが分かりますよね。。

世間一般の感覚に迎合するのではなく、自分たちの信念を曲げずに錆び付いてでも歌を歌い続けようとここではリスナーに伝えています。

余談ですが、米津ファンお馴染みの「どこにも行けない」の歌詞はもうこのハチPの頃からあったことがここで分かります。笑

他の曲だと、砂の惑星などでも歌っていますね!

遊園市街_Bメロ歌詞の意味・解釈

きっと僕ら死にながら生まれてきただけの

何でもない 小さな街灯

(出典: 遊園市街 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

この歌詞によって、やっとこの登場人物たちが街灯であるという表現が出てきて、灯りの意味が分かりました。。

涎のようにだらっとしたり、イキイキと弾けるような灯りになったりという二項対立のようになっていた街灯は、言われてみればたしかに人間のよう

そこに対して「死にながら生まれてきた」という背反した2つの概念がこの歌詞に含まれているのも、上記の灯りの二項対立と同じ構造だからでしょう。この対比構造、20歳前後が書けるものじゃないですよね。。

遊園市街_Cメロ歌詞の意味・解釈

そう そう 踊りだした

電池切れのぬいぐるみ

片腕のシュバリエ

弦のはねったヴィオラ

ねえ ねえ 「こんなこと」って 全部笑ってしまおうぜ

さあさあ飾りつけようか

今日は二人の誕生日

(出典: 遊園市街 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

歌詞前半を見て気づくのは、電池切れ・片腕・弦のはねたなど、全て不完全な存在のおもちゃや楽器ということです。

これが表すことを米津さんの過去に紐付いて考えると、「自分は醜い存在で他の人とは違う異質な存在なのだ」という米津さん自身の心の奥底の気持ちの表現だということが分かります。

歌詞後半の「2人の誕生日」。これはつまりエンターテイメントをやろうとしている2人がこれから進んでいくという幕開けを表しているかのような表現です。

そうすると、「こんなこと」が「自分たちを否定するレールに沿った生き方や価値観」のことを表していることが推測できてきますね。

遊園市街_ラストサビ歌詞の意味・解釈

もう動かない観覧車 その中で君は泣いた

吐き出しそうに歌っている 空が溶け出すその前に ねぇ

こんな日なんか無くなって 夢に溶けていけばいいんだ

手を繋いで ほうら 歌っている 捨てられた街の中

(出典: 遊園市街 作詞:ハチ 作曲:ハチ)

※前半歌詞は1番サビと同じなので、解釈は割愛します。

後半の歌詞ですが、この世界が存在するいま現在が溶けてしまえばいいと歌っています。

また、捨てられた街が遊園市街ということだとするならば、エンターテイメントを表現しようとする世界(=遊園市街)は捨てられる(=否定されている)という解釈になるため、やはり今までの解釈が合っている確信度が高まりますね。

このままdioramaという街をコンセプトにしたアルバムでメジャーデビューを果たす辺りにも米津さんのコンセプト感・世界観の統一へのこだわりが感じられます。

まとめ_遊園市街の歌詞の意味を解釈・考察

遊園市街の歌詞を解釈してみましたが、いかがだったでしょうか?

遊園市街は米津さんの心情の吐露がエンターテインメントをそのまま場所で表したような遊園地というモチーフで表された楽曲でした。

ハチPから米津玄師へ変わる時の橋渡し的な隠れた名曲でもあるので、ぜひこれからも聞き続けていきたい1曲ですね。

 

↓こちらの記事もよく読まれています!↓

【ハチP/米津玄師】マトリョシカの歌詞の意味を解釈・考察

【ハチP】ワンダーランドと羊の歌の歌詞・PVの意味を解釈・考察

 

↓米津ファンなら絶対知っておきたい米津さん自身に関する記事も要チェック!↓

【現在までの過去を完全解説】米津玄師の経歴とそこから見える才能とは

【男でも声が出るのはこの曲!】米津玄師の音域の幅とカラオケで歌いやすい曲

【これで完璧!】米津玄師の髪型・セット・おすすめワックス大全

 


OFFICIAL ORANGE/ハチ[CD]【返品種別A】