「性格検査で嘘をついても大丈夫」と思っている就活生はかなり危ない

2018年3月4日

昨日に引き続き、学生とキャリア面談を続けております。。今日は、その中で出てきた言葉で印象的だったものをご紹介します。

それは、

「性格検査(人事の方は適性検査と呼ぶことが多い)で嘘をついて平均的なスコアになるように調整した方が良いですか?」

というもの。

この質問を聞いてみなさんはどのように感じますでしょうか?何かおかしいなと感じませんか?
「何言ってんの、入りたい企業に入れるためなんだから良いに決まってるじゃん」という方もいるかもしれませんね。

では、このことについて以下で解説していきましょう

手段が目的になっている就活生

この問題の本質は、学生の中で目的と手段がいつの間にかあべこべになっていることなのです。

当然ですが、「自分の生き方に沿うように、企業のカルチャーにフィットする環境で、長く働き続けることのできる環境を求める」のが就活の大目的です。

ここでいう長くというのは人によって個人差はありますが、そんな1年未満などで辞めるっていうのはその人にも企業にもマイナスなことなので出来ることなら避けたいでしょう。
何より、パフォーマンスを高く発揮できて働き続けやすい環境を選ぶのがベストだと思われます。

そこで性格検査の話に戻りますが、あの検査の目的は「その会社で活躍している人材に共通する性格特徴を持っている就活生を探す」「逆に活躍していない人材の性格特徴を持っている就活生を足切りする」「部署配属の際の参考資料にする」というものが大半です。

こうなると勘のいい方はもうお分かりかと思いますが、「性格検査で嘘をついてもいいが、入社後も嘘をつき続けないと自分と合わない職場に入社することになってしまう」というケースが生じる訳ですね。

これ、皮肉ですよね。入りたい会社に入れたのに合わない環境に辛くなって辞めてしまう。

つまり、「こういう風に生きたい」という目的に応じた「この会社に入る」という手段が、いつの間にか目的になっているというわけです。

“性格検査で嘘ついちゃう問題”の根本原因

この問題の根本原因は、このように「内定をゴールとしているか、入社後のことを見据えてそれをゴールとしているかという学生側の意識の不足」と、「企業側の性格検査の意義づけの説明の不足」です。

なので、就活生側は「何のために内定を取るのか」「自分を偽り続ける自信があって性格検査を受けようと思えているのか」などの目的意識や覚悟の部分を再度考えてみてください。そして、周りで性格検査をやる時に嘘をついている人に上記のことを教えてあげてください。

一方の、人事側の人は「性格検査で嘘をついて入社した場合の悲しい末路」について就活生に説明してあげてください。

早期離職するのはお互いにとって基本的にはマイナスなことなので、悲しい末路を辿らないように双方が意識して性格検査についての意識や考えを持ってもらえれば幸いです。